• ミュージック
  • 【ライヴレポ】UVERworld、結成16年記念ライヴを初の新宿で開催!「最高の16周年、一緒に過ごしてくれてありがとう」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.06.08

【ライヴレポ】UVERworld、結成16年記念ライヴを初の新宿で開催!「最高の16周年、一緒に過ごしてくれてありがとう」

確かに世間一般にとってはなんということのない平日、ただの月曜日かもしれない。だがUVERworldの6人、そして彼らと彼らの音楽を愛して止まない者にとって、この2016年6月6日は何よりも大切な1日に違いなかった。なぜならUVERworldがこの世に産声を上げて満16年、すなわちバンド結成16周年の記念日。目下、絶賛音源制作中の彼らだが、“生誕祭”と称してメンバーのバースデーライヴを定番化させつつある彼らが、バンドの誕生日というべき結成のこの日を見過ごすはずもない。かくして急遽、開催されたのが『UVERworld PREMIUM LIVE 2016』だった。

結成16周年記念ライヴの場としてUVERworldが選んだのは、東京・新宿歌舞伎町のライヴハウス、新宿BLAZE。彼らにとっては初となる会場だ。そもそもUVERworldが新宿でライヴを行なうこと自体、これが初めてなのだという。特にそれを意図したわけではないのだろうが、大切な記念日に新たな環境を開拓してしまえる軽やかさが実にUVERworldらしいと思う。

なにせ3ヶ月ぶりのワンマンライヴだ。オールスタンディングのフロアにはキャパシティいっぱいにひしめき合い、今か今かとスタートを待つオーディエンスの渇望感が半端じゃない。ステージ上のLEDスクリーンに映し出されたデジタル表示の時刻が開演10秒前を切るや歓声が一気に倍増、逸る気持ちのあまり、カウントダウンを叫ぶ声が時計を追い越してしまうほど。真太郎の屈強なドラムソロが空気を振るわせる中、メンバーがひとり、またひとりと位置に着いた。直後、楽器隊全員によって分厚く叩き出されるリズムアンサンブル、その太いビートにたぐり寄せられるようにTAKUYA∞が駆け込んでくる。狂宴の始まりを告げたのは「Collide」だった。

ちなみに新宿でのライヴは初ながら、この地とUVERworldの間にまったく関わりがないわけではない。綾野剛主演の映画『新宿スワン』、まさに歌舞伎町を舞台としたこの作品の劇中歌を務めたのが、この「Collide」だ。新宿初上陸の一発目にこれを持ってくるあたり、なんとも気が利いているじゃないか。

サビでフロント5人が横一線に並んだ瞬間の“これだ!”感、観たかったもの、聴きたかったものがここにある。だが、そんな感激を味わう隙も与えず、「いこうぜ、新宿!」と煽るなり、フロアへと突っ込んでいくではないか。もちろんそのためのスペースが柵で確保されおり、台も設けられているわけだが、当然ながらTAKUYA∞のもとにオーディエンスの伸ばした手が殺到、場内はあっという間にカオスの様相を呈した。

「Don’t Think.Feel」「I LOVE THE WORLD」と立て続けに演奏されるアグレッシブチューンにフロアの興奮は留まるところを知らない。曲中、倒れたオーディエンスを目ざとく見つけたTAKUYA∞が「倒れたヤツは起こしてやれよ」とすかさず周囲に促しつつ、「ぶっ倒れてもてめぇで起き上がれよ。ここはUVERworldのライヴハウスだからな」と鼓舞する一幕も。そうしてまたステージの6人は一丸となって積み重ねてきた16年分の厚みと重みを音に乗せ、歌に託して、容赦なく叩きつけては、フロアから押し寄せる熱波を一身に浴びる。

「汗なんか気にしてんじゃねぇよ。剥がれ落ちていくメイクも気にすんな。腹くくってスッピンになれよ。全部丸ごと受け止めてやる!」

前半戦にして繰り広げられるバチバチの肉弾戦。ステージの本気とフロアの本気がぶつかり合うたび、火花のように散る汗と熱に、言葉にならない感謝もまた滲んでいるかのようだ。久々に演奏された「earthy world」がやけに心に染みたのは、不器用な彼らの真摯な想いと、ここまでの軌跡がリアルに伝わってきたからだろう。<本気でぶつかり合える メンバーに出逢えて>と誇らしげに歌い、<俺たちの馬鹿な夢に付き合ってくれる仲間たちも増えて>と嬉しそうに客席をぐるりと指差すTAKUYA∞。この曲が生まれた7年前から、彼らの芯にあるものは少しも揺らいでいないことにジンときてしまった。

16周年記念ライヴ最初のハイライトはやはり「IMPACT」だろう。TAKUYA∞の言葉を借りるなら、6人の男が16年間脇目も振らず音楽に打ち込んできた、そのひとつの集大成といっていいだろう。800人がメンバーと一緒になって重ねた声量は800人分を遥かに超えて天井を突き破らんほどに逞しく、その強大さは一体感のひと言では到底、言い表すことができない。「ナノ・セカンド」ではまたもフロアに分け入っていくTAKUYA∞のあとを信人が追いかけてきた。TAKUYA∞にしてみれば退路を断たれた形だが、きっと望むところだろう。ステージの両サイドを守る克哉、彰からほとばしる気迫も尋常じゃない。フロアいっぱいに突き上がる拳。誠果のサックスが轟く中、ついにTAKUYA∞は背中からフロアに飛び込み、熱狂に身を委ねた。「今、俺の年齢が95歳で、明日が命日だったら最高なのに!」、思わず口をついて出た言葉はこの日のライヴと彼らの16年、そしてオーディエンスに捧げられた最高の賛辞だろう。

ラストは「在るべき形」で思い残すことなくぶち上がる。ガッチリと噛み合った最強のバンドサウンドこそは16周年に鳴るにふさわしい、まさしく“在るべき形”に違いなかった。

「最高の16周年、一緒に過ごしてくれてありがとう。素敵な新曲もできているから、また遊びに来いよな」

約束を手渡し、颯爽と去ってゆく6人。時代にまた新たな足跡が刻まれた。

文/本間夕子

関連リンク

【インタビュー】UVERworld 結成15年経ってもカッコいい! 積み重ねたバンドとしての強さ
【独占ライヴレポ】UVERworld、“心のリーダー”克哉が生誕祭ライヴで告白!「俺はオマエらを絶対に愛しています!」
【ランキング】UVERworld・TAKUYA∞の思い入れ深いUVERworld作品BEST3
【ランキング】UVERworld・克哉がバンドに変化を与えたと思うUVERworld作品BEST3
RECOMMEND

今までと一風変わったカッコいい曲とは?UVERworld・真太郎の思い入れ深いUVERworld作品BEST3

確かに世間一般にとってはなんということのない平日、ただの月曜日かもしれない。だがUVERworldの6人、そして彼らと彼らの音楽を愛して止まない者にとって、この2016年6月6日は何よりも大切な1日に違いなかった。なぜならUVERworldがこの世に産声を上げ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense