• ミュージック
  • 【ライヴレポ】小田和正『クリスマスの約束』で、吉田拓郎と共演。ミスチル桜井とは新曲を共作し披露
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2013.12.05

【ライヴレポ】小田和正『クリスマスの約束』で、吉田拓郎と共演。ミスチル桜井とは新曲を共作し披露

今年で13回目を迎えた、小田和正とゲストアーティストによるスペシャル音楽番組『クリスマスの約束2013』(TBS系)が今年も12月25日にオンエアされるが、その収録が3日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた。

開演前。8万通を超える延べ16万人の応募者の中から選ばれたラッキーなお客さんは、さらにラッキーなセッション、歴史的な夜の目撃者になるということは、まだ知る由もない。

午後7時40分。いよいよ収録がスタート。小田和正が客席の間から、大きなそして温かな拍手に迎えられ登場。1曲目を歌い終えると「1970年代、多くの若者が背伸びして何かを求めていたあの時代、強いメッセージが求められていた。そこにカリスマと呼ばれるシンガーがいました」と吉田拓郎を迎え入れると、客席からはどよめきと歓声が沸き起った。吉田は約1年ぶりのステージ、小田と吉田の共演は96年9月の『阪神・淡路大震災救済支援コンサート』以来17年ぶりという、なんとも貴重なステージになった。

まずは「落陽」。小田のコーラスが乗ると新鮮だった。途中向かい合って、アコースティックギターを突き合わせて弾き合い、二人ともセッションを心から楽しんでいた。披露し終えると、鳴りやまない拍手が二人を包む中、かっちりと握手。吉田が「お互い長い音楽生活を送っているけど、二人で並んでやるのは初めて」と語ったように、二人でのステージというのがこの日が初めてだった。さらに吉田は「小田和正は遠くにいるような近くにいるような存在だった。話していると体育会系なのに、でも僕より年下なのに態度が大きい」と小田の事を評し、また「オフコースは気に障る存在だったからお近づきになろうと思わなかった(笑)」と毒舌ぶりは健在で、客席は爆笑だった。その後、数曲披露して、1年ぶりとは思えないパワフルで圧巻のステージを見せつけた。小田が「吉田拓郎として生きてきてどう?」と質問すると吉田は「色々あったけど今音楽が楽しい。音楽の持つ力がようやくわかってきた。歌いながらみんなの顔を見れるのが嬉しい」としみじみと語り、小田と堅い握手と抱擁を交わし、ステージを後にした。

“クリ約”に欠かせないメンバーといえば、通称“クリ約小委員会”。小田、スキマスイッチ、根本要(スターダスト☆レビュー)、水野良樹(いきものがかり)が登場。全員で選曲したというカバー曲やスキマスイッチの代表曲など3曲を披露した。「メンバーにとって“クリ約”の休憩所、道の駅みたいな感じ」(根本)というように、気持ち良さそうに歌い、会場をまるで温かで優しい風が吹いたような、居心地のいい空間にした。このコーナーは小田と拓郎の収録直後だったため、根本は思わず「拓郎さんのステージを観てたら5人ともすごい本気になってしまった」と照れ笑いし、大橋卓弥は「拓郎さんと小田さんが歌っているのを見て、純粋にその歳まで歌えてたらいいなと思って、“よし!歌おう!”と思った。それが僕の夢になりました」と熱く語った。 世代が違う5人は毎年この番組のために集まり、音楽で時間を紡いでいく“仲間”だ。小田は以前から「このメンバーで何かやりたいと思っている」と、小委員会でのライヴを熱望した。

小田が次に呼び込んだのは桜井和寿(Mr.Children)。客席から黄色い歓声が沸き起こり、信じられないというようなどよめきも同時に聞こえてきた。10年ぶりの参戦となった桜井は今回のために小田とオリジナル楽曲を共作し、新曲「パノラマの街」を書き下ろした。小田が「二人で曲を作ろうという話になり、何小節かだけ作って持って行ったら、桜井君は詞まで完成させて1曲完成させてきた。僕は結局作りかけの曲は出せなかった」と笑わせ、会場にはふたりの共同制作風景が映し出された。そして桜井が「君に似た誰か、いくつかの誰かの日常の小さい物語も、世の中には欠かすことが出来ない物語だ、というメッセージを小田さんのメッセージが紡いだ」と客席に語りかけ、「パノラマの街」を披露した。全ての人に向けた応援歌を二人は情感たっぷりに歌いあげた。

小田は、宮城県・仙台市にある東北大学で学生時代を過ごした。その縁もあって、現在の東北大学の学長から「震災以降、東北、東北大生は力を合わせて頑張っています。そこで折に触れ、皆が集まったときに歌えるような歌を書いて欲しい」という内容の手紙をもらい、それをきっかけに書き下ろした東北大学の校友歌「緑の丘」を書き下ろした。それを後輩でもある同大学の混声合唱団67名と共にテレビ初披露。客席を感動の波が広がっていった。

最後に登場したのは、JUJU(2010年より参加)と松たか子。小田はすっかりリラックスしたムードで二人を迎え入れると、カバーや小田の新曲をしっとりと歌い、クリスマスの夜のムードを演出。客席を優しい雰囲気で包み込んだ。

こうして一夜限りの豪華なセッションは終わった。 いつも思うのが、アーティスト同士が本気で作り上げる音楽が持つチカラの凄さと、その音楽を奏でる場でもあるライヴの感動の奥深さだ。そして小田の一曲一曲に対する丁寧なアレンジの素晴らしさが、より感動を増幅させていると思う。吉田も言っていたが「とにかくリハの時間が長い!寝込んじゃうよおれはって思った(笑)。でもそれを含めて小田和正の凄さを見せてもらった」と、とにかく時間と情熱を傾け作り上げる小田と参加アーティスト達のその姿勢が、そのままテレビの画面を通して伝わってくるのがこの番組だ。だから13年も続いているのだと思う。

クリスマスの夜にこの番組がオンエアされることは、これからも変わらない“クリスマスの約束”だ。

※演奏曲を一部しか掲載していないのは、番組放送前であるためです。

■放送日時 12月25日(水) 午後11時19分~午前1時19分 TBS系
■出演者 小田和正、桜井和寿(Mr.Children)、JUJU、スキマスイッチ、根本要(スターダスト☆レビュー)、松たか子、水野良樹(いきものがかり)、吉田拓郎

RECOMMEND

アイドル、アニソン…今の視聴者の“気分”を映した紅白出場歌手の顔ぶれ

今年で13回目を迎えた、小田和正とゲストアーティストによるスペシャル音楽番組『クリスマスの約束2013』(TBS系)が今年も12月25日にオンエアされるが、その収録が3日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた。 開演前。8万通を超える延べ16万人の応募者の中 . . . 続きを読む

スキマスイッチが“ホノルル駅伝”のサポーターに!既発シングル「虹のレシピ」がテーマ曲に起用

今年で13回目を迎えた、小田和正とゲストアーティストによるスペシャル音楽番組『クリスマスの約束2013』(TBS系)が今年も12月25日にオンエアされるが、その収録が3日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた。 開演前。8万通を超える延べ16万人の応募者の中 . . . 続きを読む

THE YELLOW MONKEYチャリティ・オークション開催

今年で13回目を迎えた、小田和正とゲストアーティストによるスペシャル音楽番組『クリスマスの約束2013』(TBS系)が今年も12月25日にオンエアされるが、その収録が3日、千葉・舞浜アンフィシアターで行われた。 開演前。8万通を超える延べ16万人の応募者の中 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense