• エンタメ
  • 高杉真宙が同年代とタッグを組んだ自主映画に主演!「若いみなさんと組んでもっとお仕事をしたい」
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.06.02

高杉真宙が同年代とタッグを組んだ自主映画に主演!「若いみなさんと組んでもっとお仕事をしたい」

高杉真宙が映画『想影』で主演を務めることになり、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016』での上映が決定。同作の場面写真とメイキング写真も到着した。

『想影』は、加藤慶吾監督をはじめ、早稲田大学出身のスタッフが集結した「映画藩」で制作された自主映画。『女による女のためのR18文学賞』で最終選考にノミネートされた野村実来原作のラブストーリーの実写化で、高杉はヒロインの由美(松原菜野花)が長い間片想いをする幼なじみの栄大輔役(中学生時代)を演じる。自前のナイフを持ち歩き、果物を自分で剥いて食べる仕草からたちのぼる栄の背景、栄の魅力が、栄に片想いする由美の目線から繊細に描かれている。

今作への出演について「いろいろな現場にも、僕と同い年くらいのスタッフさんがいらっしゃることも少しずつ増えました。同年代のみなさんと組んでもっとお仕事をしたいなぁと思っていたので、今回の作品に参加させて頂きたいと思いました」と高杉が語っているように、同年代のスタッフとひとつの作品を作り上げたいという強い想いから実現したようだ。

作品については、「映像がすごく綺麗でキラキラしていて、台本で読んだ時よりもより青春って感じで、すごく好きな作品です。長年の片想いを描いたものですが、大人になってもずっとずっと言えなくて、やっと言えた時は…って言うのが切なくて。台詞がないところの仕草や表情に気をつけて演じたので、台詞の裏にあるものを感じながらご覧頂けると嬉しいです」とコメント。

若い世代が作り出す“青春”が詰まった本作に、ぜひ注目してほしい。

<高杉真宙コメント>
「栄大輔の中学生時代を演じました。果物が好きで学校に丸ごと持ってきて、そこでナイフで切って食べちゃう男の子です。栄は器用な人で、果物を剥くシーンが結構たくさんあったので、家でナイフを使って果物を剥く練習はしました。小さい頃からわりとやっていたので、本番はすんなりできたと思います。

今回は、加藤監督はじめ、若いスタッフのみなさんとお仕事をさせて頂きました。僕は中学一年生の時に初めてこの仕事をして、いつの間にかもう20歳になります。いろいろな現場にも、僕と同い年くらいのスタッフさんがいらっしゃることも少しずつ増えました。同年代のみなさんと組んでもっとお仕事をしたいなぁと思っていたので、今回の作品に参加させて頂きたいと思いました。

わりと自分は最年少っていう現場も多いのですが、いつもとはまた違った現場で、みなさんと世代が近いのでリラックスして出来るといいますか…またいつかみなさんとご一緒出来るよう頑張りたいと感じました。

『想影』は映像がすごく綺麗でキラキラしていて、台本で読んだ時よりもより青春って感じで、すごく好きな作品です。長年の片想いを描いたものですが、大人になってもずっとずっと言えなくて、やっと言えた時は…って言うのが切なくて。台詞がないところの仕草や表情に気をつけて演じたので、台詞の裏にあるものを感じながらご覧頂けると嬉しいです」

<加藤慶吾監督コメント>
「“恋愛の成就”という枠組み上でのハッピーエンドはほぼ不可能な状況において、恋愛に対する終止符の打ち方をどうするべきか。この物語の原作となった短編小説には、その答えは描かれていなかったのですが、もう一歩踏み込んだ形でこの話に着地点を見つけたい、という想いから本作を撮りました。

物語の要となる栄大輔については、原作内での表現を借りるならば、「全身から唯一感、みたいなものを発している」人物である必要がありました。本作のキャスティングをしている時期が、ちょうどテレビドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)放映中に重なったこともあり、そこで目にした高杉さんのその唯一感に、ほぼひと目ぼれのような形で、“あ、栄はこの子じゃなきゃ嫌だな”という感情が湧きました。本作は自主映画ということもありましたので、無理を承知で出演依頼をさせていただいたのですが、私たちのような若いメンバーと一緒に作品を撮ることに強い関心を持っていただき、このような形でご一緒させていただくことができました。

松原菜野花さん演じるヒロインの由美視点で物語が進む都合上、原作にも、脚本にも、高杉さん演じる栄についての具体的は心理描写の記述は非常に少ないです。なので、現場において1対1で意見を交えながら、一本の栄大輔像を一緒に結んでいきました。由美から自分はどう見られているのかという客観的な視点を持ちつつも、その由美の想いに全然気づいていない無自覚さをもって、表情や声色を作っていく。そのあたりの反射神経がすごいなと、演出しながら感服していました。

また、栄の大人時代については、細田善彦さんに演じていただいております。高杉さんの演じる栄の映像を何度も繰り返し観ていただき、劇中では描かれていない栄の10年の間を埋めてくださっております。このふたりの栄という人物のバトンの受け渡しにも注目していただければと思います」

関連リンク

【外部サイト】映画『想影』公式HP
【インタビュー】高杉真宙×横浜流星 アクション時代劇で夢のタッグが実現 ふたりで悪を成敗します!!
【ランキング】高杉真宙が二十歳になったらやってみたいことBEST3
【ニュース】高杉真宙が友達になりたいマンガキャラとは!?
RECOMMEND

ハマったらそれ一筋!高杉真宙が好きなアーティストBEST3

高杉真宙が映画『想影』で主演を務めることになり、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016』での上映が決定。同作の場面写真とメイキング写真も到着した。『想影』は、加藤慶吾監督をはじめ、早稲田大学出身のスタッフが集結した「映画藩」で制作された自主映画。『女による . . . 続きを読む

【インタビュー】高杉真宙 初主演舞台で二役に挑戦!ストイックとエゴイスティックな自分

高杉真宙が映画『想影』で主演を務めることになり、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016』での上映が決定。同作の場面写真とメイキング写真も到着した。『想影』は、加藤慶吾監督をはじめ、早稲田大学出身のスタッフが集結した「映画藩」で制作された自主映画。『女による . . . 続きを読む

ハマりすぎて野球道具を購入!横浜流星が影響を受けたドラマBEST3

高杉真宙が映画『想影』で主演を務めることになり、『SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016』での上映が決定。同作の場面写真とメイキング写真も到着した。『想影』は、加藤慶吾監督をはじめ、早稲田大学出身のスタッフが集結した「映画藩」で制作された自主映画。『女による . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense