• ミュージック
  • 【インタビュー】DEEP 冬を鮮やかに彩る“切なさと儚さ” バラードの名手、心からの想い
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.02.11

【インタビュー】DEEP 冬を鮮やかに彩る“切なさと儚さ” バラードの名手、心からの想い

冬という今の季節にピッタリのバラード曲「雪しずり」を、2月12日にリリースするDEEP。タイトル曲の「雪しずり」はしっとりとしたメロディ、恋人に会いたくても会えない切なさを綴った歌詞が、心の奥底に響く。またC/Wの2曲「Valentine」「You’re my everything」も、情感豊かな歌声が全身を優しく包んでくれる。本作に込めた想いをメインに、メンバー全員に話を聞いた。

文/薮田千夏

「雪しずり」は、メッセージを大事にして歌いたい

――新曲「雪しずり」を、最初に聴いた時の印象から教えて下さい。

YUICHIRO まずは“雪しずり”の言葉の意味を調べました。木の枝に降り積もった雪が、その重みで落ちる様を意味しているんですけど、好きな人への想いが募っていくけど、でも会えないっていう儚さが描かれた曲なんです。
KEISEI メロディには歌謡テイストが詰まっていて、すごく感情移入しやすい曲ですね。それもあって歌った後、マイクを下ろす時に思わず、こういう感じ(演歌歌手のようにゆっくりマイクを下ろす仕草)になってしまうっていう(笑)。
TAKA 確かにやってるね(笑)。歌始まりの曲なので、そこもハッとしてもらえると思います。力強さがありつつ、切なく内側に迫ってくる曲なので、メッセージを大事にして情景を浮かべてもらえるように歌えたらいいなと思っています。すでにリリースイベントでも歌っているんですけど、同じサビでも、強弱の付け方が難しくて。テンションをあげるところと、ギューっと絞め殺して歌うところがあるので、けっこう集中して歌っています。ライヴでも勉強させてもらっている感じですね。
RYO この曲自体は、そんなにコーラスも多くないので、ライヴではお互いの歌声を聴きながら歌っています。CDとはまた違った聴こえ方がすると思うので、そこも楽しんでほしいです。

――歌詞には、本当にたくさんの種類の“雪”が出てきますが、発音しづらい雪とかは?

TAKA ささめ雪がちょっと言いづらいですね。あと、湿り雪とか(笑)。
YUICHIRO にわか雪も。普段“あっ、にわか雪だ!”って、なかなか言わないですし(笑)。気持ちを雪に例えた歌詞になっているので、今はひとつひとつの雪に込められた想いを感じながら、イメージを膨らませています。ちなみに、最初は「雪しずり」っていうタイトルも、違う言葉にしようっていう案があって、スタッフさんとも相談したんです。
KEISEI 「雪しずり」と聞いて、すぐには意味が分からないじゃないですか。でも、そこが引っかかりになって調べてもらえたらいいなっていう想いも込めて、「雪しずり」に決定しました。

――そんなタイトルにちなんで、MUSIC VIDEOの撮影は雪の中だったとか?

YUICHIRO はい。長野県なんですけど、海外みたいなすごくカッコいい場所でした。
KEISEI ただ寒すぎました…。マイナス18℃で、もう痛いっていう感じなんですよね。しかも足跡をつけちゃいけないから、その場で立たちっぱなしで2時間連続とか。もう、足の裏に貼ったホッカイロは、ただの茶葉みたいになっていました(笑)。

「You’re my everything」はDEEPとしてのコンセプトや、主張が詰まった曲

――そんな過酷な環境の中で制作されたMVも見所ですね(笑)。では2曲目の、RYOさん作詞曲「Valentine」。キレイなメロディが印象的です。

RYO 自分だったらこうするというのをイメージしながら、バレンタインデーを女性目線で書きました。
KEISEI この繊細な感じって、女性にしか描けないと思うんですよね。なので、歌詞を見て鳥肌が立ちましたね、別の意味でRYOが怖いなって(笑)。しかも、「雪しずり」のメイキング映像の最初の10~15秒あたりに、RYOが車から降りるシーンがあるんですけど“キャー”って言ってるんですよ。悲鳴が女性的なので、そこもぜひチェックしてみて下さい(笑)。
RYO いや、あまりに寒くて…(苦笑)。

――歌詞の内容としては、14日にチョコレートを渡せず1日遅れて告白をするっていう。

RYO  告白ってやっぱり勇気がいるし、そんなに簡単なものじゃないのかなと思って。

――これから男性陣は、15日も意識することになっちゃいますね(笑)。

TAKA あえて次の日っていうのが“すごく好きなんだろうな”って伝わってきますよね。

――あと<友達にも言えないくらい好きなの>っていうフレーズとか。

RYO 学生の頃の感情を思い出しながら書いたんですけど、友達に言うと、そこで盛り上がって相手にバレちゃったりするじゃないですか。好きっていう気持ちは大事にして、ちゃんと自分で告白したいんですよね。
YUICHIRO むしろ、僕は友達にも協力してもらって自分を印象づけたいですけどね(笑)。この曲はメロディが心地良く入ってくるし、自分自身幼なじみの女の子と、高校生くらいの時に“付き合うかも”っていう時期があったので…。リアルな感じで歌えました。

――では、3曲目の「You’re my everything」について。

YUICHIRO 日本人の声質でブラックミュージックの重厚感を出すのは難しくて、自分達の課題でもあるんですけど、この曲はプレイヤーとして少し満足出来た作品になりました。
TAKA コーラスワークをふんだんに取り入れたジャパニーズR&Bになっていて、音楽性の高い曲でメッセージを伝えたいっていうDEEPとしてのコンセプトや、主張が詰まった曲になっています。この曲では歌詞に、身勝手な男性像が描かれていると思うんですけど、DEEPっぽいのかなって。もし彼女がいたら、夢を追うために迷惑をかけるだろうし。でも、そういう特定の人だけじゃなくて、家族、スタッフ、応援してくれる方、みんなに迷惑をかけることもあるだろうけど、夢をつかむことで恩返しがしたい。歌詞に描かれた<I love you>が、支えてくれる方たちへの言葉になればいいなと思います。今回は3曲ともテイストの違った楽曲で、“DEEPはこういうグループなんだ”というのが出ている、分かりやすい作品になっていると思います。ぜひ聴いて頂けると嬉しいです!

関連リンク

DEEP公式サイト
RECOMMEND

aikoの最近読んだオススメのマンガBEST3

冬という今の季節にピッタリのバラード曲「雪しずり」を、2月12日にリリースするDEEP。タイトル曲の「雪しずり」はしっとりとしたメロディ、恋人に会いたくても会えない切なさを綴った歌詞が、心の奥底に響く。またC/Wの2曲「Valentine」「You’re my . . . 続きを読む

【インタビュー】THE SECOND from EXILE 「この5人だからというものが形にできた」 1stAL堂々完成

冬という今の季節にピッタリのバラード曲「雪しずり」を、2月12日にリリースするDEEP。タイトル曲の「雪しずり」はしっとりとしたメロディ、恋人に会いたくても会えない切なさを綴った歌詞が、心の奥底に響く。またC/Wの2曲「Valentine」「You’re my . . . 続きを読む

【インタビュー】SHOGO、175R活動休止から約3年、ソロデビュー曲は玉置浩二とのコラボ

冬という今の季節にピッタリのバラード曲「雪しずり」を、2月12日にリリースするDEEP。タイトル曲の「雪しずり」はしっとりとしたメロディ、恋人に会いたくても会えない切なさを綴った歌詞が、心の奥底に響く。またC/Wの2曲「Valentine」「You’re my . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense