• ミュージック
  • 【インタビュー】スキマスイッチ 様々な実験に挑む好奇心の塊! 変わらない“素”の部分を垣間見る
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.04.13

【インタビュー】スキマスイッチ 様々な実験に挑む好奇心の塊! 変わらない“素”の部分を垣間見る

20160413_01_banner_sukimasuichi

4月13日にアナザー・ベストアルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』をリリースしたスキマスイッチ。彼らにとって実験の場だというカップリング曲。デビューして間もなくして始めたという当時のエピソードや、制作現場で巻き起こった奇想天外な出来事など、ああだった、こうだったと楽しそうに思い出しながらふたりが答えてくれました!また、新曲「フレ!フレ!」にかけて、応援したいと思っていることを聞いてみたら、まさかの自分を応援!?

文/川上きくえ

【スキマスイッチ サイン入りポラ プレゼント企画開催!】
このインタビュー記事、14日、15日に掲載されるランキング記事の下に3つのキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、15日に掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

大橋が心の声をつぶやいた“奇想天外”な楽曲とは?

――カップリングを中心に収録したアナザー・ベストアルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』は、一枚のアルバムとしてすごく完成度の高いものになりましたね。“実験する”というひとつのコンセプトアルバムのような重厚感があります。
常田 2枚目のシングルからかな?いいものができたら、ちょっとしたエゴみたいなものでみんなに聴いてほしいなって気持ちになる。「このデモ、よくできているし」みたいな(笑)。でも、その曲の元はアルバムに入れることを決めていたので、じゃあこの曲はお蔵入りか……どっかで出せないかなぁってスタッフに相談したら、まとめて出したらおもしろいんじゃないかなってことになって。ってことは、僕らにとってのカップリングはいつもスキマスイッチで作っているものから逸脱した方法を取り入れる、実験する場でいいんだなってことで今まで続いてきたんです。
――デビュー前からある曲のデモも多く使われていますけど、昔の曲を再び持ち出すってことも実は他のアーティストではあんまりやらないことだと思うんですよね。
大橋 そうですね。でも、昔のデモを聴いて“昔からここは変わってないんだな”って思う作り方に気づくことも多くて。リリースしたものと同じような作品を作っても仕方ないので、そこを避けていく分、感覚としては当時から趣味は変わっていないかなと思うんですよね。
常田 だからその分ストレートな曲が多かったりもするしね。スキマスイッチの王道とは違うけど、「はい、何かやってみて!」って言われたときに出る一番“素”に近いものなのかなとは思うんです。今のスキマスイッチの好奇心がそのまま出ているんですよね。
――例えば、様々な実験の中で印象的なものは?
大橋 奇想天外だったものといえば、「猫になれ」なんかもそうで。最初はスタジオで普通に歌っていたんです。でも、おもしろくないなってことで、ちょっと変わった歌というか自分の心の中の声みたいなものをパッケージングできないかなってことになったんです。それで朗読しているみたいな、つぶやいているみたいな歌い方になった。録ったものをみんなで聴いているときに、マネージャーが入ってきて“なんだこれは!?”って顔をしていましたからね(笑)。
常田 いや、リハも何もする前に、卓弥が「アイディアがあるから」って急にこの歌い方でやり初めて。みんな“なんじゃこりゃ!”ってなったんけど、特にサビのところで引き込まれるんですよね。じゃあこの方法でやってみようってなって、一発で録っちゃったという。
――大橋さん以外みんなが一度は“どうした?”と思った曲(笑)。
大橋 でも、すごく物語性のある曲だったし、主人公が心の中で自問自答している歌だったので、ちょっと変な感じにしたかったんですよね。
――「ためいき」も普通とは違う順序でのレコーディングだったんですよね?
大橋 「ためいき」も実験的でしたね。クリックもなしで僕が弾き語りしたものにオケを乗っけていったんです。弾き語りをエディットしたりもせず録音したものに、ミュージシャンの方々に演奏を乗せてもらうっていう。結果、すごくライヴ感のあるものになりましたね。
常田 だから本当、こういう場があるのがすごくありがたい。その中にはエレキを解禁した曲とかシンセを解禁した曲とかもあるので、むしろその場所がなくなるのは怖いくらいなんですよね。要はカップリングに勢いがなくなってきたら、僕らは危ないってことだと思うし。そこは今後もちゃんと活性化していきたいところなんですよね。

ツアーの衣装が変わっちゃう!?常田が自分を応援したいことはこれ!

――この後のツアーで、その実験をどう聴かせるかもまた楽しみです。
大橋 そう、再現がなかなか難しい曲ばかりなので(笑)。僕らは同機を使ったライヴをしていないので、リアレンジすることになると思うんです。でも、実験室で作ったものを今の解釈でまた作り直してみるのも、またおもしろいと思う。リアレンジしたらイントロが始まっても何の曲かわからないってことは今までにもあったと思うんですけど(笑)、そういういろんな形を楽しんでもらえたらいいかな。
――「壊れかけのサイボーグ」「フレ!フレ!」の2曲は新曲なんですよね。
大橋 「壊れかけのサイボーグ」は僕が昔のバンドで歌っていた曲なんです。僕がひとりで歌っていた曲もちゃんと形にしておいたほうがいいよねって、録音しておいた曲で。「フレ!フレ!」はCMのお話をいただいて書き下ろしました。
常田 タイトルのわりに穏やかな曲っていう、うちのカップリングらしく(笑)。ただCMとは違うバージョンなので、そこも含めて楽しんでもらえたらなと。
――そのタイトルにちなんで、ふたりが最近、「フレ!フレ!」と応援したくなったことは?
常田 自分ですね。せっかくダイエットしたのに、リバウンドしている。食べるなよ俺!と応援したいですね(笑)。ツアーも始まるのに、また衣装のサイズ変わっちゃうぞ、と。
大橋 僕も自分のことかなぁ。もう一年くらい仕事部屋が片付かないままなんです。少し前にCDをA~Bまで全部並べて使いやすくしたんですけど、どこにCDがあるか逆にわからなくなったんですよね(笑)。だから、もう一度すべてを棚に納めて、棚から出したものは棚にしまうってことを頑張りたいです。応援します、自分で(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「実」

関連リンク

【インタビュー】スキマスイッチ 10周年を経て“放つ”直球曲!過去を認め未来への道を駆け抜けろ!!
【ランキング】スキマスイッチ・大橋卓弥がオススメするコンビニ菓子BEST3
【ランキング】スキマスイッチ・常田真太郎がオススメする『ガンダムシリーズ』OVA作品BEST3
【ランキング】スキマスイッチがオススメするヘルシーお菓子BEST3
RECOMMEND
スキマスイッチ_Main

非現実よりリアルがお好き!?スキマスイッチ・常田真太郎がオススメするスポーツマンガBEST3

4月13日にアナザー・ベストアルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』をリリースしたスキマスイッチ。彼らにとって実験の場だというカップリング曲。デビューして間もなくして始めたという当時のエピソードや、制作現場で巻き起こった奇想天外な出来事など、あ . . . 続きを読む

resize_SukimaSwitch_AL_SUKIMASWITCH_Main_Yori

こだわりのカスタマイズも伝授!スキマスイッチ・大橋卓弥がオススメのスターバックスメニューBEST3

4月13日にアナザー・ベストアルバム『POPMAN’S ANOTHER WORLD』をリリースしたスキマスイッチ。彼らにとって実験の場だというカップリング曲。デビューして間もなくして始めたという当時のエピソードや、制作現場で巻き起こった奇想天外な出来事など、あ . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense