• ミュージック
  • 【ライヴレポ】MAGiC BOYZ、MC・フウト、ユウトの“卒業パーティ”を開催!最高の仲間たちと涙の旅立ち !!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.03.28

【ライヴレポ】MAGiC BOYZ、MC・フウト、ユウトの“卒業パーティ”を開催!最高の仲間たちと涙の旅立ち !!

4MC&1DJ中学生(思春期)ラップグループとして活動してきたMAGiC BOYZ(以下、マジボ)のMC・フウト、MC・ユウトが27日をもって卒業、5人でのラストライヴ『リアル中2卒業パーティー』が東京・渋谷HARLEMで行われた。

この日のライヴは、新進気鋭のラッパーから、日本語ラップの伝説的な存在まで幅広いゲストを迎えて行うスペシャルな“卒パ”。メモリアルなステージを彩るために、ACE、DOTAMA、SKI-HI、MACKA-CHIN/SUIKEN、BUDDHA MAFIAといった豪華なメンバーが顔を揃えた。

このゲストが登場するときには、マジボが紹介を担当。それぞれの特徴やプロフィールを読み上げ、大先輩たちを呼び込んでいた。呼び込まれたSKY-HIは、「あいつらマジかわいいな。10年くらいやってきたけど、あんなかわいい紹介されたの、初めて(笑)」と語り、「卒業ってことなので、この曲をやります」と、新曲「クロノグラフ」を披露。マジボの新しい出発に向け、力強く背中を押すパフォーマンスを見せた。

そして、ゲストのステージが終わると、「フリースタイルKiNG決定戦」を経て、いよいよMAGiC BOYZのパフォーマンス。“待っていました”という想いと、“ついに最後のときが…”という空気に包まれる会場。でも、その若干の寂しさを切り裂くように、「調子どう!!卒業パーティへようこそ!!」とフウトが叫び、「マジボのテーマ」とともに5人が登場。1曲目から異様な熱度に満たされる。

ステージからフロアに降り、会場中を縦横無尽に走り回ったり、キラキラの紙吹雪をまいたり、お馴染みの曲「MAGiC SPELL~かけちゃうぞ!ぴっぴっぴ~」で、「かけちゃうぞ」の歌声とともに水鉄砲の水を会場に振りまく。「オレでしょ??」では、リミッターを外したかのような盛り上がりを見せ、メンバー同士がアイコンタクトや、肩組み、ハイタッチなど、いつも以上にコミュニケーションをとっているように見えた。頭をグルグルと回すパフォーマンスが印象的な「illson」では、曲の最後に、フウトとユウトが客席にダイビング。この日しかない、ひとつひとつを楽しんで、メンバーとファンが文字通り一体となった瞬間だった。

ここまでは“楽しい!”のテンションで満たされていたが、本編最後の「ありのままでマジボ」では、フウトの目から、ここまで堪えてきた涙が溢れ出す。曲が終わりすぐにアンコールの声が沸き上がり、再び5人が登場。ここからは“卒業式”として、ひとりずつに“中2”卒業の証書が渡された。この後、ひとりずつがそれぞれの想いを言葉に。

「今日でMAGiC BOYZは卒業するんですけど、楽しく終わると言ったからには楽しく終わりたいです。泣いている人もいるかもしれないですけど(と泣いているフウトの顔を見る)。ファンのみなさん、来てくださった方々、今日までありがとうございました!」(ユウト)

「今日でMAGiC BOYZを卒業することになりました。これから役者として頑張っていくので、僕の情報をチェックしてください。今までありがとうございました」(フウト)と、しっかり挨拶。ただ、ここから他のメンバー3人の言葉で、会場全体の心が揺さぶられる。

「ふたりはクールキャラとバカキャラで(笑)、安定していたんですけど、そのふたりがいなくなるっていうのは、結構大きいと思うんです。でも、MAGiC BOYZとしても3人でこれから頑張っていきますし、もっと熱いステージを作っていきたいと思います。これからも、このふたりも、MAGiC BOYZも応援をよろしくお願いします。そして、まずフウト…(とフウトの顔を見て)小6からの約3年間。人は変わっていくものですね(笑)。最初はこんなんじゃなかった…謙虚だった(笑)。前々から“役者をやりたい”って言っていて、その気持ちは誰にも止められませんし、誰も悪くないので、これからもフウトくんの道を応援してください。そして僕も応援します。そしてユウト。ユウトとも3年間いて、なんだかんだ言って、仲いい…悪い、いろいろあったんです。わかっているでしょ?」(リュウト)

「(頷く)」(ユウト)

「あのね、途中途中仲が悪くなって、マジボの中で一番仲が悪かったこともあったんです。でも、僕は最後に「バタフライ」って曲を作ったとき、仲直りしたいなと思ったんです。いろいろ悪かったな、と思って。いつか機会があれば5年後でも10年後でも一緒に「バタフライ」をやりましょう」(リュウト)

「もちろん!」(ユウト)

そして、今度はトーマ、マヒロがフウト、ユウトのふたりと向き合う。

「俺が一番最初にEBiDANで、初めてしゃべったのがユウトで。その時からずっと一緒にいて、遊びに行ったりしたので、すごく寂しいんですけど、会えないわけじゃないので、また…いつか。そして、フウト。結構遊んだよね?(将来)フウトが主演の映画、観に行きます!」(トーマ)

「まずはフウト…、本当に、すげー、楽しかったから…(と涙で声にならなくなる)。ユウト、ユウトはライヴ中も楽しませてくれて、それに乗っかって俺も楽しめたから…。ふたりといる時間は幸せでした!」(マヒロ)

そして、涙が止まらなくなったメンバーたち。最後の曲「旅立ち」へ。ひとりひとりが、フウト、ユウトへの想いをリリックに込めた1曲。「ありがとう」、「最高の仲間だった」と、マイクを通じて伝え、受け止め、顔中を涙にして、最後の時間をわかち合う。ここまで比較的感情を抑えてきたユウトが3人に向け叫んだ「今日で最後、ハッキリ言うぞ、お前らこれから頑張れよ!」で、会場は大拍手。

“Ill”で“Cool”な5人が、この上なくエモーショナルなライヴを最後に届けてくれた。それぞれの“中2”が終わり、次なるフィールドへ。新たなMAGiC BOYZも、フウト、ユウトにも最高の“旅立ち”の夜となった。

文/田部井徹

関連リンク

【トレンド分析】超特急、DISH//ら所属のEBiDANから期待の新生が登場!リアル中二病(!?)のHIP-HOPグループ「MAGiC BOYZ」とは?
【ニュース】超特急”秒速完売”の春ツアーがスタート!「これから最高のステージを作り上げていきます!」
【ニュース】『DISH//と男子会キャンプ』最終回はスペシャル生放送!!
【イベントレポ】さくらしめじが星空の下でリリースイベントを開催!キラキラのイルミネーションを前に「幸せ」
RECOMMEND

【ライヴレポ】DISH//が2度目の武道館ライヴで完全燃焼!“GRAND HAPPY”な2Daysで新年の幕開け!!

4MC&1DJ中学生(思春期)ラップグループとして活動してきたMAGiC BOYZ(以下、マジボ)のMC・フウト、MC・ユウトが27日をもって卒業、5人でのラストライヴ『リアル中2卒業パーティー』が東京・渋谷HARLEMで行われた。この日のライヴは、新進気鋭の . . . 続きを読む

【インタビュー】さくらしめじ どんどん広がる“きのこの輪” 絆を深めて踏み出す新たな一歩

4MC&1DJ中学生(思春期)ラップグループとして活動してきたMAGiC BOYZ(以下、マジボ)のMC・フウト、MC・ユウトが27日をもって卒業、5人でのラストライヴ『リアル中2卒業パーティー』が東京・渋谷HARLEMで行われた。この日のライヴは、新進気鋭の . . . 続きを読む

【ライヴレポ】SUPER★DRAGONが2ndワンマンライヴ開催!サプライズの緊急告知にメンバー歓喜

4MC&1DJ中学生(思春期)ラップグループとして活動してきたMAGiC BOYZ(以下、マジボ)のMC・フウト、MC・ユウトが27日をもって卒業、5人でのラストライヴ『リアル中2卒業パーティー』が東京・渋谷HARLEMで行われた。この日のライヴは、新進気鋭の . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense