• ミュージック
  • 【ライヴレポ】DISH//、加速度MAXの春ツアーも折り返し!歌、音、ダンスで届けた想い
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2016.04.04

【ライヴレポ】DISH//、加速度MAXの春ツアーも折り返し!歌、音、ダンスで届けた想い

全国8都市で10公演開催中の春のホールツアー“DISH// 2016 Spring Hall Tour『D//RedBlue』”のちょうど折り返しとなるTOKYO DOME CITY HALL公演2日目。ライヴを重ねるごとに大きく前進してきたDISH//だが、その進化は明らかに加速度を増していた。

まず驚かされたのは、冒頭。激しい雨を浴びながら上半身裸で演奏する骨っぽいオープニング映像に続き、「皿に走れ!!!!」からいきなりバンド演奏で攻めてきたではないか。1曲目からバンド演奏というのは、彼らにとって初めてのこと。メインボーカルのTAKUMI、ギター担当のMASAKI、ベース担当のRYUJI、DJ担当のTo-iがお互いぶつかりそうになるくらいステージ上を躍動しながら、スラッシャー(ファンの総称)と躊躇なく熱を高め合っていく。

「It’s alright」からはTAKUMIもギターを持ち、MASAKI、RYUJIとアイコンタクトをしながら昂ったり、その一方でちょっとの隙にTo-iがステージを所狭しと駆け回りながら「手上げろ!」とフロアを煽ったり。RYUJIが「めちゃめちゃ気合入っているから。今日も盛り上がろうか!」と叫んだ「GRAND HAPPY」では、To-iがMASAKIの肩に手を回してひとつマイクで歌ったり、その勢いでTAKUMIに絡んだり、TAKUMIとRYUJIが向き合ってジャンプしたり。そうやってエモーショナルなパフォーマンスをしながらも、TAKUMIとMASAKIが歌声を重ね、RYUJIとTo-iがラップや歌をかけ合い、演奏もきっちりこなしながら、TAKUMIがアコースティックギターに持ち替えTo-iが鍵盤を奏でた「キット」まで、全員攻撃で畳み掛けた彼ら。楽器を持ちながらダンスパフォーマンスをするというスタイルも彼らならではのものだが、今回のツアーでは自ら演奏したいという表現欲求が高まっているのだろう。歌力も、4人それぞれにだいぶ増している。DISH//をアイドルと勘違いしているとしたら、大間違い。挑戦心と向上心に突き動かされて進む彼らは、華やかなアイドル性を兼ね備えた、正真正銘のアーティストである。

おなじみの自己紹介をはさみ、「Shall We Dance ????」からは楽器を置いてキレッキレのダンスでも魅せて、タオル回しが巻き起こった「俺たちルーキーズ」では、To-iが「この盛り上がりは一生忘れません!」と笑顔でひと言。スラッシャーとの一体感も、尋常じゃない。

“Red”衣装のRYUJIとTAKUMI による赤デュオは胸キュンソング「春イチゴ」を、“Blue”衣装のTo-iとMASAKIによる青デュオは等身大のメッセージソング「前へ」を歌い、その後のソロメドレーでは客席に降りてフライングディッシュをしつつ、それぞれのキャラクターを存分に発揮。4人全員が歌えて、演奏できて、踊れて、個性豊かだなんて、最強のエンターテイナー集団ではないか。ちなみに、今回のツアーではソロ曲のMUSIC VIDEO獲得をかけてのご当地クイズ対決を開催。この日はMASAKIがTo-iに逆転勝利したわけだが、最終的に誰がMVを収録できるのか、楽しみなところだ。

オフィシャルサイトでスラッシャーが事前に投票し、各地で人気の上位4曲を披露する“あなたが選ぶ!DISH//の名曲BEST4!!”では、メンバーもその場で初めて曲を知ることとなるため、思わずあたふた。後のMCでは、中でもこの日初めてランクインしたバンド曲の「暮れゆく空の彼方に」に「マジでビビった!」と口にした彼らだが、TAKUMIが情感豊かなフェイクを響かせたR&Bな「LOL」にしても然り、結果的には全員が見事な対応力の高さを見せた。

明治大学・文学部に合格したという吉報に続き、既報の通り(http://rankingbox.jp/article/33888)結成5周年を祝う大企画を実施するという嬉しい発表でスラッシャーのテンションがますます上がったところで、口を開いたTAKUMI。「それぞれ、大切な人がいると思います。そして、僕らにとってみんなは大切な人だし、みんなにとって僕たちがそういう存在だったら嬉しい。大切な人との時間、大事にしてほしいなという願いを込めて歌います」という言葉に導かれたのは、To-iの鍵盤の音色も映えたバンド演奏による「birds」。歌や音に乗せ、自分たちの想いを届けたい。彼らの発信力も、ますます強まっている。

「虹のカケラ」から、バンド編成で駆け抜けた終盤。スラッシャーもペンライトではなく拳を振り上げ、TAKUMI、MASAKI、RYUJIのリフとスラッシャーの叩くカスタネットで音ゲーバトルを楽しく繰り広げたりもした「晴れるYA!」。MASAKIのギターソロもキマり、高揚感が止まらなかった「FLAME」。歌いながら演奏しながら変顔もするという至難の技を4人がやってのけた「変顔でバイバイ!!」。おもしろいとカッコいいがなぜか同居してしまうDISH//のライヴは、やはり中毒性が高い。

そして、鳴り止まない“おかわり”コールに応えてのアンコール。彼らが最後にプレゼントしてくれたのは、DISH//の楽曲を多く手掛ける小倉しんこう氏とメンバー4人で作ったという「サクラボシ」だ。「初武道館から1年、今年のお正月の武道館2Daysは、すごく楽しかったけど、悔しさもあって。次の夢が明確になった分、このままじゃダメだって思ったし、みんなの存在がより大きなものになりました。そういう今の僕たちのありのままを詰め込んだ曲です」というTAKUMIの言葉を受け、横一列に並び、フロアを広く見渡しながら、スタンドマイクで想いを込め歌った4人。<君がいるから 歩んでゆける>というフレーズに、どうしたってグっときてしまった。

ラスト、スクリーンに映ったのは「一緒に咲かせよう 夢の花を」というメッセージ。新たなる夢・横浜スタジアムに向かって、彼らは走り続ける。

写真/キセキミチコ 文/杉江優花

関連リンク

【ニュース】DISH//春ツアー東京公演で新曲発売&55曲を披露する結成5周年記念ライヴの開催を発表!!
【ライヴレポ】DISH//が2度目の武道館ライヴで完全燃焼!“GRAND HAPPY”な2Daysで新年の幕開け!!
【インタビュー】DISH// 僕らにできることは無限大! 氣志團とのタッグで新社会人にエールを贈る!!
【ニュース】DISH//が女装姿で巨大チョコ作り!?2度目となる男性ファンとの決起集会を開催!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense