• ミュージック
  • 【インタビュー】片平里菜 不条理に立ち向かう無限の可能性 ブレることのない歌と言葉!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.02.03

【インタビュー】片平里菜 不条理に立ち向かう無限の可能性 ブレることのない歌と言葉!

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれた今作から、これまで以上の片平ワールドを堪能できるからこそ、彼女からそんな印象を受けたのだと思う。完成に至るまでの経緯から、彼女のプライベートにも迫ったインタビューをお届けします。

【片平里菜 プレゼント企画開催】
このインタビュー記事と、2月4日、5日に掲載されるランキング記事の中にキーワードが出てきます。その3つの文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、2月5日掲載予定のプレゼント企画記事をチェック♪

文/杉江優花

一番届けたかった!彼女自身の人生のテーマとは一体!?

――2ndアルバム『最高の仕打ち』、里菜さんの歌力と表現幅に改めて驚かされるわけですが……そもそも、どういう作品にしたいと思っていたのでしょうか。
片平 前作の『amazing sky』(2014年8月リリース)は10代で作った曲をはじめ、わりとそれまでの集大成的な作品になったので、制作時点で“2作目はそのときの自分のモードで作りたいな”という想いはありつつ……「最高の仕打ち」は、当時すでに曲ができていて。それを軸にしたアルバムにしたいということも考えていたんです。
――“最高”と“仕打ち”、普通ならくっつかない単語同士からなるタイトルをはじめ、正直な言葉たち、揺らぎさえもそのまま活かしたアコースティックギターの弾き語り……その衝撃といったら。
片平 ネガティブな感情ってどこにどうぶつけたらいいんだろうっていう、そんなことを思いながら作っていって。これまで音楽活動をしてきて、一番届けたい曲をやっと形にできたっていう感覚です。
――根っこにあるのは、普段生きている中で感じる不条理だったり、やるせなさだったりとか。
片平 うん、まさに。たぶん、自分が置かれている環境に書かされた部分も大きくて。私は一昨年まで福島に住んでいたんですけど……。
――震災の後も、ですよね。
片平 そうです。震災以降、ディープな場所になってしまったっていう側面もあるわけで、それを見て見ぬふりはできないって思ったりっていうことも含めて、この歌詞は自分の人生のテーマでもあります。
――憎しみに耐えて赦すこと、悔しさを飲み込んで上を向くこと……そこには確かに“最高の仕打ち”があるし、それができれば誰よりも美しい、と。そういう境地に簡単には至れないけれど、諦めたくはないですよね。
片平 本当に難しいと思うんです。でも、底の底からはとにかく上を向くしかないから。
――里菜さん自身が今後歩んでいく上でも、リスナーの方にとっても、きっとこの曲が支えになってくれるはず。
片平 そうだといいなって。アルバムですけど、極端なことを言えばこれが届けばいいや、と思える曲です。
――そういうブレない芯があるから、例えばSCANDALがサウンドプロデュースした「Party」や亀田誠治さんがアレンジした「BAD GIRL」といった振り切った曲をはじめ、曲ごとに自由に楽しめたところもあったりして?
片平 確かに、「最高の仕打ち」があるからこそ自由に遊べたところはあります。「BAD GIRL」は、一発レコーディングで爆発的に生まれた曲だったりするし。
――ロカビリーな曲調にしろ、がなりや巻き舌もアリの里菜さんの歌にしろ、パンチがありすぎて。
片平 地元にいたときはわりと大きい声で歌えていたんですけど、東京に来てからはアパート暮らしで小さい声で曲を作っていたから……ストレスが溜まってしまって。スタジオで個人練習をしたときに思い切って歌ってノリで曲を作ったら、そういう歌声になっちゃいました(笑)。

嬉しくなると回りたくなる!?彼女が見せる意外な一面とは?

――“化けの皮を剥がせば”なんていうフレーズがありますけど……インタビューでは穏やかな印象しかない里菜さん、実はこんなところがありますという一面は?
片平 本当は、わりと感情的かも。そういう矢は外じゃなくて自分に向くんですけど……たまに、ジムですごい顔をして走っていたりします。窓に映った顔を見て、“怖いなこの人”って思ったりしますもん(笑)。
――意外!逆に、すごく嬉しいこと、楽しいことがあったら?
片平 なんか……回りたくなるんですよ。天気が良いときとか、フワ~って(笑)。
――あと、今回のアルバム制作然り、音楽に携わっているときにも高まることが多々あるのでは?
片平 うん、そうですね。表にはあまり出さないけど、高まります。今回のSCANDALさんとの制作もすごく楽しかったし。同世代で音楽をやっている女の子と一緒に曲を作るって初めてだったんですけど、共感するところもたくさんあって。
――お互いに刺激されたことでしょうね。
片平 だといいな。歌詞に対して、ドラマーのRINAさんの意見が聞けたりとか。
――歌詞の清々しい開き直り方、大好きです。
片平 ふふ、嬉しい。根に持つよりは気持ち良いかなと思って。
――“もうあなたはいらない”なんて言われたら、男の人はショックでしょうけど(笑)。里菜さん自身、“好きな服着て 派手なメイクで”出かけることは?
片平 私は年に1、2回しかないけど、周りでそういう生き方をしている女の人……仕事も遊びも本気で楽しめる人、カッコいいなぁって。憧れます。
――何しろ、里菜さんの歌と言葉の力、曲それぞれの表情を何度でも感じたい作品なわけですが、制作を通して気づいたこと、見つけたことは?
片平 歌と言葉とメロディを全部自分で産んでいるから、どう肉付けしてもブレないし、何をしても自分だなっていうことは思いました。
――だとしたら、可能性は無限に広がりますね。
片平 うん、本当に。次はもっともっと自由にできるなって。自分自身、楽しみです。
――ちなみに、今年、個人的にチャレンジしたいことはありますか?
片平 去年、東北で豆の収穫やワカメ漁のお手伝いに行ったんですけど、今年もまた行きたいんですよね。
――そういうことをすると、普段口にしている食べ物への感謝がより深まることでしょうね。
片平 そうそう。改めて、大地や海の恵みに感謝できるので、時間があれば、ぜひ足を運んで汗を流したいと思っています。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1文字目→「感」

関連リンク

【インタビュー】片平里菜 女子共感の等身大のメッセージを歌う!悩みを乗り越えた先にあるシンデレラストーリー!!
【ランキング】片平里菜が影響を受けたアーティストBEST3
【ランキング】片平里菜が好きなシンデレラストーリー作品BEST3
【ランキング】片平里菜に聞いた福島県のオススメスポットBEST3
RECOMMEND

【インタビュー】aiko 15年経ってもみんなに依存中♡ファンとあたしの不思議な関係

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

aikoの最近読んだオススメのマンガBEST3

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

【インタビュー】加藤ミリヤ 強くカッコ良く生きていきたい あれから10年…今の私の想い

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

カウンター席がベスト!加藤ミリヤがクリスマスデートにオススメするレストランBEST3

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

【インタビュー】西内まりや 目指すは常にネクストステージ!進化系ミューズの勢いは止まらない

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

1600万分の1の奇跡をゲット!?西内まりやのハッピーだった出来事BEST3

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

【インタビュー】Saku 映画『ビリギャル』挿入歌に大抜擢 タワレコ店員シンガーの野望とは?

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

映画に感化され曲が生まれる!?映画大好きSakuが影響を受けた名作BEST3

ニューアルバム『最高の仕打ち』を3日にリリースした片平里菜。約半年ぶりに会った彼女の表情から、どこか落ち着きと自信が感じられた。タイトル曲の歌詞では自身の人生のテーマを描き、楽曲制作では亀田誠治、島田昌典、SCANDALら豪華アーティスト陣との経験を得て生まれ . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense