• エンタメ
  • 2016年ブレイク必至の俳優・女優を大予想!今年も若手俳優の活躍に期待大!!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.01.16

2016年ブレイク必至の俳優・女優を大予想!今年も若手俳優の活躍に期待大!!

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取りで紹介しちゃいます。1月期ドラマにも数多く出演している彼ら。早いうちに要チェックを♪

飯豊まりえ

iitoyomarie

24日スタートのドラマ『MARS~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ系)で藤ヶ谷太輔、窪田正孝が演じる主人公ふたりから想いを寄せられる女子高生役を演じる飯豊まりえ。ファッション雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルも務める彼女は、2013年の『幽かな彼女』(フジテレビ系)で連続ドラマ初出演。2015年にはNHK朝の連続テレビ小説『まれ』などに出演したほか、若手注目俳優陣を集めて話題を呼んだスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)では、あまり感情を見せない冷静なつるこ役を好演した。スラリとした高身長と目尻の上がったキュートな猫目が特徴的な飯豊は、現役モデルなだけあってか、立ち居振る舞いでの雰囲気の出し方が抜群にうまい。ふだんのニカッとした笑い方も愛らしさ満点で、そんな彼女が“MARS”で心を閉ざしがちなヒロイン役をどう魅せるのかが非常に気になる。ここからさらなる注目度アップの道のりを歩んでいきそうだ。

<Profile>
いいとよ・まりえ。1998年1月5日生まれ、千葉県出身。2008年ファッション雑誌『ニコプチ』(新潮社)でモデルデビュー。ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを務める一方、数々のドラマに出演し女優としても活躍。主な出演作は、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(テレビ朝日系)、NHK朝の連続テレビ小説『まれ』、ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)など。

◆公式サイト
◆公式ブログ

浜辺美波

hamabeminami飯豊と同じく朝ドラ『まれ』とドラマ“あの花”の両作に出演、しかも“あの花”ではヒロインを務めたのが現在若干15歳の浜辺美波。2011年に第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』でニュージェネレーション賞を受賞して芸能界入りを果たした彼女は、数は多くないながらもコンスタントに経験値を重ねてきた印象が強い。昨年10月期ドラマ『無痛~診える眼~』(フジテレビ系)では、精神障害を抱えた容疑者という難役に挑戦。その熱演によってさらに注目度が高まった。“無痛”ではハッとする金髪姿を披露していたが、それまでは黒髪の清純で純和風テイストな風貌が印象的だった彼女。一方、インタビューなどで見る浜辺は柔らかな雰囲気とは裏腹に芯が強く、どんな役どころにも体当たりでぶつかっていくという気迫がすごい。まだ中学3年生の彼女が、今後も様々な作品に登場し熱演を展開していくことだろう。

<Profile>
はまべ・みなみ。2000年8月29日生まれ、石川県出身。2011年、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』でニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。2015年にNHK連続テレビ小説『まれ』、映画『エイプリルフールズ』などの話題作に出演。同年9月に放送されたスペシャルドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)で本間芽衣子(めんま役)を好演し、注目を集めた。

◆公式サイト

竹内涼真

takeuchiryoma

竹内涼真は、2014年10月からおよそ1年間放送された『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で主演を務めた人物。スーツ姿の現役警察官が仮面ライダーに変身する異色作として話題を呼び、とりわけ個性派キャラクターが多かった同作の中で埋没することなく、確かな存在感を示すことに成功した。そして、本当の意味で彼に注目が集まったのはここから。ヒーロー主演俳優はそこでの印象が強すぎるせいか、どんなブレイク俳優でも大抵、一定期間は“なり”を潜ませる印象がある。だが竹内の場合は即座に昨年末のヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)に出演し、しかも若手キャストの中ではかなりの重要ポジションを獲得。見事に作風にマッチングする熱演を披露し、視聴者の脳裏に自身の存在を印象付けた。今年は2月5日からスタートするドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレビ朝日系)に出演。まだ彼のことをよく知らないという人は、王道イケメンとは少し違う、むしろやや庶民派の風貌だからこそ光るその演技を、ぜひ堪能してみて。

<Profile>
たけうち・りょうま。1993年4月26日生まれ、東京都出身。高校時代には東京ヴェルディのユースに所属して活躍したほど高い身体能力の持ち主。2013年、雑誌『mina』(主婦の友社)主催の『minaカレオーディション』でランプリを獲得し芸能界デビュー。ほぼ俳優デビュー作にして『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で、初主演。『下町ロケット』(TBS系)では若手技術者役を演じた。

◆公式サイト

稲葉友

inabayu

2009年、第22回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞し、翌年に俳優デビューを果たした稲葉友。『仮面ライダードライブ』ではヒロインの弟役で、竹内と同じく仮面ライダーに変身する役に扮していた。それほど多くの作品に出演していた方ではなかったが、同作では最初は飄々としたお調子者、だが実は父親との確執に葛藤する実に複雑な心境を抱えていた……という一筋縄ではいかないキャラクターを熱演。いい意味で予想を裏切る芝居を見せたことで一気に知名度が上がった。1月期ドラマ『MARS~』では、藤ヶ谷演じる零の親友・達也役に。ここでも常に明るく、そして友情に厚く優しい一面も覗かせる役どころに臨む。一方で舞台俳優としても活躍し、バンドを組んで音楽活動も行っているという稲葉。今後もどんな場面で、どんな形で頭角を現してくるのかがかなり楽しみな俳優のひとりだ。

<Profile>
いなば・ゆう。1993年1月12日生まれ、神奈川県出身。2009年、第22回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞。2010年、ドラマ『クローン ベイビー』(TBS系)で俳優デビュー。2011年の『真田十勇士~ボクらが守りたかったもの~』では初舞台にして主演を務めた。主な出演作は映画『ワンダフルワールドエンド』、舞台『晩餐』、『Being at home with Claude 〜クロードと一緒に〜』、『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)など。

◆公式サイト

犬飼貴丈

 

inukaiatuhiro2012年の第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを受賞し、2014年に俳優デビューを叶えた犬飼貴丈。その後も重要ポストではないものの着実に連ドラ出演を重ねてきた彼の大きな飛躍年が2016年になるのではないかと密かに期待している。その理由は端正で甘いルックス…はもちろんのこと、もうひとつ、素での犬飼の独特すぎるキャラクター性にある。例えば、彼のブログのタイトルの独自性。「でんぷんノリを食べる子、クラスに1人はいたよね」、「急いでるときに限って靴脱ぐの手こずるよね」などと、「なにこれ?」と思わずクリックしたくなる題名がズラリ。過去には、正装と言われてアロハシャツを着て行き周囲に驚かれたというエピソードもあり、「おや、この人もしや天然か?」と思う部分が多々。現在放送中のドラマ『ナオミとカナコ』(フジテレビ系)で、さらに俳優としての一面を磨くだろう彼。個人的な希望としてはそれに加えてぜひトークバラエティなどにも出演してみてほしい…!

<Profile>
いぬかい・あつひろ。1994年6月13日生まれ、徳島県出身。2012年、第25回『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のグランプリを受賞。2014年、昼ドラ『碧の海〜LONG SUMMER〜』(フジテレビ系)で俳優デビュー。2015年7月にはドラマ『ホテルコンシェルジュ』、10月には『結婚式の前日に』(共にTBS系)と、立て続けに連続ドラマに出演した。

◆公式サイト

髙田彪我

takadahyoga

昨年10月期の“月9”ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)に、見た目は完全に女子高生の女装男子として出演し、「かわいすぎる!」と大注目された髙田彪我。現役中学生で本格的な演技経験もほとんどなく、実は同作が初のドラマ出演。数百人の中からオーディションで抜擢されたという彼のかわいさ=見た目の整い方はすごい。しかもさらに驚きなのが、彼は同じ中学2年生の田中雅功と共に“さくらしめじ”というユニット名でフォークデュオも結成しているということ。2014年にシングル「いくじなし/きのうのゆめ」でデビューを果たした彼ら。そこでも披露されている声変わり期前後の年頃らしい、絶妙な甘さと高さが融合した声が演技面でもいかんなく発揮されている。17日からスタートするドラマ『家族のカタチ』(TBS系)への出演も決めている髙田くん(と、彼についてはあえて付けたい)の今後の活躍ぶりから目が離せない。

<Profile>
たかだ・ひょうが。2001年10月23日生まれ、東京都出身。EBiDAN(恵比寿学園男子部)に所属し、2014年6月に田中雅功と中学生フォークデュオユニット“さくらしめじ”を結成。ストリートライヴなどを重ね、同年11月に1stシングル「いくじなし/きのうのゆめ」をリリース。2015年には、ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で、女装男子・由希役としてドラマデビュー。

◆公式サイト

文/林福子

関連リンク

【ランキング】竹内涼真の好きな仮面ライダーBEST3
【ランキング】稲葉友の好きなHIP-HOPミュージシャンBEST3
【ランキング】さくらしめじ・髙田彪我がこれからはじめてみたいことBEST3
【トレンド分析】2015年に最も活躍した俳優・女優とは?
RECOMMEND

1月期ドラマは個性豊かな女性主人公がズラリ!王道ではないストーリーから目が離せない!!

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

スペシャルドラマ「あの花」でつるこ役を演じた飯豊まりえの演技力が話題

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

若手俳優の勢いが止まらない!!2015年、絶対に押さえておくべき“アクターズイレブン”!

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

綾野剛、高橋一生…まだまだ独身でいてほしいイケメンアラサー俳優

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

ブレイク街道爆進中!山﨑賢人の人気のヒミツは“自然体王子”なキャラ!

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

次世代の神木隆之介!?10月期ドラマで2作同時主演する中川大志の魅力に迫る!

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

福士、山﨑、志尊ら胸キュン男子がズラリ!今冬、絶対に観るべきドキドキの映画シーンBEST10

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

2015年ブレイク間違いなしの俳優・女優を大予想!10代後半〜20代前半の演技派役者が有力候補!?

2015年は窪田正孝、菅田将暉といった演技力が高く評価された20代の俳優が大躍進。今年は一体誰に注目すればいいの!?ということで、2016年にブレイクが予想される俳優・女優をテレビライターが独自分析。今後ますます注目度が上がること間違いなしの俳優&女優を、先取 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense