CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2014.01.20

cinema staff、SHIBUYA-AXライヴで今後の怒涛の活動を発表

cinema staffの約半年ぶりとなるワンマンライヴが、18日にSHIBUYA-AXで行われた。超満員の中で行われたこの日、インディーズ時代から人気の楽曲「KARAKURI in the skywalkers」から幕を開けると、畳み掛けるように「great escape」で会場を一気に熱くさせ、冒頭から攻めまくる。「皆、ついてきてね」と飯田(Vo&G)が第一声を発すると、続けざまに激しい曲で会場を揺らせた。

この日、ステージバックに大きく掲げられたcinema staffのロゴ。MCで三島(Ba)は、このロゴに込められた想いを初めてファンに語る。「一人ひとりでは不完全な三角形だけど、4人がひとつになると、ひとつの正方形になる」この、4人だからcinema staffなんだという熱い想いが現れたロゴを背負って、怒涛のステージを繰り広げた。

三島のベースリフが冴え渡る「いたちごっこ」や久野(Dr)が激しくリズムを刻む「dawnrider」。そして、飯田がクールに歌声を響かせる横で、ステージを縦横無尽に暴れまくる辻(G)。それぞれの個性がぶつかり合って、アンバランスぎりぎりの絶妙なバランスで保っているのが、彼らの最大の魅力なのかもしれない。ライヴでは披露しているが、未だCD化されていない曲「AIMAI VISION」で本編は終了。

アンコールでは、メンバーから今後の予定が告知された。18日に緊急発売されたカプコン「モンハン 大狩猟クエスト」テーマソング「dawnrider」を皮切りに、2月、3月と3か月連続で配信リリース。また4月2日はメジャー2ndアルバムの発売、5月にはそのアルバムを引っさげて全国ツアーを行うことを発表。大歓声が響く中、その声に応えるように、制作中のアルバム中からひと足早く新曲「borka」を初披露した。

続いて、スペシャルゲストにチェロ奏者の高橋淳子氏を招き、チェロを加えた「望郷」「海について」を、この日のために特別にアレンジして演奏し、アンコールは終了。ダブルアンコールには、彼らのメジャーデビュー前からの名刺代わりの一曲でもある「GATE」を披露し、約2時間強に及ぶライヴは幕を閉じた。

3か月連続配信リリース、4月はアルバムの発売、5月は全国ツアー開催と
怒涛の活動を展開するcinema staff。今後の活動が楽しみだ。

関連リンク

cinema staff公式サイト
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense