• ライフスタイル
  • 自分を出せるようになれた!超特急4号車・タクヤがこれまでの活動で感じた自身の成長BEST3
CONTENTS
Home
  • ランキング
  • 2015.11.29

自分を出せるようになれた!超特急4号車・タクヤがこれまでの活動で感じた自身の成長BEST3

12月2日にBlu-ray『BULLET TRAIN ONE MAN “CHRISTMAS”SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!〜聖なる一夜 at TOKYO INTERNATIONAL FORUM HALL A』をリリースする超特急。デビュー3周年イヤーの今年、多数のフェスやイベントに出演し、初主演映画も公開、さらに12月23日、24日には念願の国立代々木競技場第一体育館での2Daysライヴを控えるなど躍進を遂げた彼らに、これまでの活動を振り返ってもらいました。4号車タクヤには、これまでの活動の中で感じた自身の成長をBEST3形式で直撃!超特急としてやっていこうと決めた決意がここに!!

【超特急 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
11月28日〜12月5日に掲載されるランキング&インタビュー記事の中に、6個のキーワードが記事下に出てきます。(キーワードは8個の記事の中にランダムに6回出ます)。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、12月5日にサイトに掲載されるプレゼント企画記事をチェック!お楽しみに♪

7人でのトークを楽しめるようになった

最近、単純に全員で話すのが上手くなったかなって。コーイチとも話していたのですが、その理由のひとつとして大きいのが、『超特急のふじびじスクール!』かなと。ライヴでヘッドセットがなかったときは、マイク2本を回していたんです。正直、おもしろみも何もないトークだったのですが、バラエティ番組に出ることによって、ボケとツッコミみたいなものが若干できるようになり、最近は7人の役割ができてきた。昔より、バラエティ能力が上がったと思います。7人でひとつのものを作り上げている感覚なので、個人というより、全体で成長できたポイントですね。

ダンスがちょっとだけ上達した

とは言っても、全然まだまだですし、ゴールはないのですが、デビューシングル「TRAIN」のときに比べたら、少しはダンスが上手くなっていると思います。本当にちょっとだけですけど(笑)。自分で自分のダンスを評価するのって好きではないのですが、僕は基礎も何もなく、いきなり振り付けからスタートだったんです。当時はライヴが控えていたので、一気に3、4曲、覚えなければならなくて、それがすごく辛かったのを覚えています。今も全然上手くはないのですが、3年前のダンスは本当に見ていられないほど酷かった(笑)。これからも上達していけるよう、頑張りたいです。

自分の立ち位置を確立することができた

もともと、僕は俳優志望でダンスもできなかったから、最初は超特急に入るのを断っていたんです。超特急のコンセプトである、ダサくておもしろくて、ちょっとカッコいいというのも、人前では出したくないと思っていたし。でも、そう思わなくなったのは成長した証拠なのかなと。あえて時期で言うとすれば、7枚目のシングル「Believe×Believe」のときですね。振り付けで白目を剝くっていう、ステージ上でそんなヘン顔を見せることが、超特急の武器なんだなと気づけたから。人見知りで、人前で自分を出せなかった僕が、超特急に入ってから出せるようになったんです。

関連リンク

【ランキング】超特急5号車・ユーキが感動した公演BEST3
【ランキング】超特急4号車・タクヤが女性に着てほしい秋ファッションBEST3
【ランキング】超特急4号車・タクヤの好きな役者BEST3
【ニュース】超特急が秋冬ファッションで『GirlsAward』に登場!
RECOMMEND
CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense