• ミュージック
  • 【ライヴレポ】L’Arc〜en〜Cielが新曲「Wings Flap」を披露!10万人が体感したドリームな夜!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2015.10.01

【ライヴレポ】L’Arc〜en〜Cielが新曲「Wings Flap」を披露!10万人が体感したドリームな夜!!

21日、22日の2日間に渡り、大阪 夢洲(ゆめしま)野外特設会場で開催されたライヴ『L’Arc~en~Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO』。人工島である夢洲は、さながら広大な空き地である。“L’ArCASINO”の極彩色のステージセットがこの地に佇んでいる光景は、まるでそこだけ異世界のようだ。

ビジョンに、カジノへと向かうアニメーションが映し出された後、花道後方からリムジンに乗ってメンバーが登場し、会場は一気に熱狂の渦に。前方のステージに向かってゆっくりとリムジンが動き出すのだが、その道中を彩るのは紙吹雪…ではなくこの日のために作られた紙幣 ラル札。4人が悠々と進むその傍らに、嬌声とラル札を追い求める観客の姿とが重なり、なんとも享楽的な世界を作り出している。

「Welcome to “L’ArCASINO”!」とhydeが叫び、「SEVENTH HEAVEN」でこの“お祭り感”に溢れたライヴが幕を開けた。tetsuyaは躍動感のあるベースで観客を煽り、kenは笑顔を見せながら気持ち良さそうにリフをかき鳴らし、yukihiroはタイトに鋭くビートを刻んでいく。スロットが絶えずフィーバーを起こし、コインが大量排出される映像と呼応するように、会場のテンションはMAXだ。「(お金で)買えるのは?」「ほとんどー!」というコール&レスポンスののち「一攫千金ー!ジャパニーズドリームを掴もうぜ夢洲!」と“L’ArCASINO”の世界へと誘う。

「flower」「HEAVEN’S DRIVE」といったヒット曲で会場を熱狂させた後は、後方のサブステージへと移動。空が夕焼けに染まり、野外ならではの情緒豊かな空気感の中「Winds of Gold」を披露。hydeの伸びやかな歌声が響き渡り、夏の終わりを切なく彩ってゆく。「次はノリのいいやつをぶちかましたいと思います」(hyde)と演奏された曲は「It’s the end」。ライヴで披露されるのはかなり久しぶりということもあり、イントロが鳴った瞬間に歓声が沸き起こった。

オウムのオブジェにhydeが「楽しい?」と問いかけ、オウムになりきり高い声で「楽しい!」と返すやり取りでは、会場を笑い声が包む。さらに、「ねぇユッキー、楽しいですか?」と聞くhydeに大きく頷くyukihiro。tetsuyaにも「楽しいよね?」と問いかけると、「楽しい!」(tetsuya)とhydeを真似て高い声で応える。kenにも「kenちゃん、今日も気持ちいい?」と聞くと、セクシーな動きで返す。4人の絶妙なやり取りは、会場を和やかに。常に圧倒的な演奏力を見せつけるL’Arc~en~Cielのライヴの中で、ほっとひと息つけるこんなやり取りもまた、彼らの魅力のひとつだ。続く「MY HEART DRAWS A DREAM」では、<夢を描くよ>の大合唱が巻き起こり、より一層ハートフルな空気が辺りを包んでいた。

爆発音が鳴り響き、後半戦がスタート。4人全員がギターを持ち、「trick」の冒頭のフレーズをtetsuya、yukihiro、ken、hydeと順に歌っていく。類稀なる個性と才能を持つ彼らの演奏とヴォーカルが1曲へと集約され、そのずば抜けた存在感にただただ圧倒されるしかない。続く「REVELATION」では、tetsuyaとkenとyukihiroがパーカッションを叩き、hydeはまるでキングであるかのように鎮座。トライヴ的なリズムで、否応なしにテンションが上がっていく。そんな会場の熱気に応えるかのようにステージ横のセットが開いて拡大し、会場はさらに壮大なものへと変化を遂げた。

「できれば今日までに夏っぽいシングルを出して、みんなと盛り上がりたいなと思っていました。でも、ご覧のような結果になってしまいました(笑)。せめて、新曲を聴かせてあげられないものか。L’Arc~en~Ciel、頑張りました!とってもイカした曲が出来上がりました」。そんなhydeのMCで発表された新曲「Wings Flap」は、流麗なメロディラインが気持ち良く響くアッパーチューン。辺りもすっかり暗くなり、透き通った空気が漂う会場へと優しく降り注いでいた。

「まだまだ行くからな!」という掛け声で始まった「HONEY」から、「STAY AWAY」「READY STEADY GO」と大ヒット曲の連発で観客のボルテージはまたしても最高潮に。「遠いところまで来てくれて、本当にかわいいヤツだなぁ」(hyde)とファンへの愛情を語り、ラスト曲「Pieces」へ。シンプルでいて力強い3人の演奏と、hydeの想いが溢れた情感豊かなファルセット、さらに観客が振る色とりどりのサイリウムが一体となり、“L’ArCASINO”を至上の楽園へと誘う。そして、曲が終わると同時に1000発もの花火が夜空へと打ち上がり、『L’Arc~en~Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO』は幕を閉じた。

広大な場所、そこに突如現れた“L’ArCASINO”という異世界、奇跡のような、圧倒的な存在感を見せつけた4人、2日間で会場に集まった10万人を超えるファンたちーーそれらはまるで、夢のような光景だった。巨大な空間を一瞬でL’Arc~en~Cielの色に染め上げる。「ここに同じような施設がまた建つかもしれない。そしたら、またここで会いたいね」。そう言ったhydeの言葉を今は信じたい。また新たな“異世界”へと連れて行ってくれる日を待ちわびて。

この日、2度目の披露となった新曲「Wings Flap」は、12月23日にシングルとしてリリースされる。現在、オフィシャルサイトの特設ページでは、予約者限定で超先行試聴を実施中。完全受注生産限定盤は、10月13日までの予約受付となっている。

写真/今元秀明、緒車寿一、加藤千絵、河本悠貴、田中和子、三吉ツカサ 文/木村桂子

関連リンク

【ライヴレポ】VAMPS夏の恒例イベントで“戦友”清春と共演!HYDEがBLOODSUCKERSの頭上を航海!?
【ライヴレポ】VAMPSのツアーがついにファイナル!HYDEが日本の“BLOODSUCKERS”の偉大さに感極まる
【インタビュー】HYDE(VAMPS)日本の聖地にロックスターが集結 ステージで魅せるオトコたちの戦い
【ライヴレポ】VAMPSの籠城型ライヴがラストスパート!世界基準のパフォーマンスで魅せる夢想空間
RECOMMEND

VAMPS・HYDEがライヴ後に飲む好きなお酒BEST3

21日、22日の2日間に渡り、大阪 夢洲(ゆめしま)野外特設会場で開催されたライヴ『L’Arc~en~Ciel LIVE 2015 L’ArCASINO』。人工島である夢洲は、さながら広大な空き地である。“L’ArCASINO”の極彩色のステージセットがこの地 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense