• エンタメ
  • 「ふぁさっ娘」、「うるっ娘」、「ぷくっ娘」…「壁ドン」や「顎クイ」に並ぶ、男性が胸キュンする女性の仕草とは?
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2015.07.17

「ふぁさっ娘」、「うるっ娘」、「ぷくっ娘」…「壁ドン」や「顎クイ」に並ぶ、男性が胸キュンする女性の仕草とは?

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケアブランド「エルシーラブコスメティック」が運営する恋愛ニュースサイト『ラブリサーチ』では、これらの要素を持つ“女性から男性”に向けられた仕草、つまり“男性は胸キュンするけど、現実ではお目にかかれない仕草”を調査し、女性の仕草に対する男性の理想、願望と現実(女性の本音)のギャップを明らかにした。

まずは、男性に「あなたが女性にされたら最も“かわいい!”と思う仕草」を調査。その結果、上位5つの回答について、今度は女性に「その仕草をやったことがあるか?」を聞き集計。女性がやらないと答えた順にランキングにした結果が以下のとおりである。

1位 「ふぁさっ娘」(「やらない」と答えた女性161人:80.5%)

ふぁさっ娘

そのネーミング通り、髪の毛をふぁさっとやる女性のことをさすのだが、正確には、片手で大きくふぁさっと髪をかきあげる仕草のこと。男性的には「さらさらの髪がなびく感じに、女性らしさと色気を感じます」とのこと。一方の女性の意見は「キュンとさせる仕草というより、髪が邪魔でやるときがあるくらい」、「他人がいかにもな感じでやっているのを見て引いてしまった」などの意見が。ちなみに、「やる」と答えた女性の声は「その動作が好きらしいから(笑)」、「髪の毛のいい匂いを嗅いで欲しい」と、男性へのアピールを狙っているようだ。

2位「うるっ娘」(「やらない」と答えた女性156人:78.0%)

うるっ娘

説明するまでもないが、目を潤ませながら大げさに喜ぶ仕草。これをやっている女性を見たら同性から反感を買いそうなこの仕草、男性的には「自分のしたことに対して喜んでくれているんだなと実感し、嬉しくなってしまいます」だそう。先程と同様に、「やらない」と答えた女性は「キャラじゃない。そんなことしたら笑われそう」、「大げさに喜ぶより自然に喜ぶ方がいい」と回答。逆に「好きな人の前なら基本、大げさに喜ぶ」、「サプライズでプレゼントをもらった時に、喜びました。涙を見せて(笑)」と「やる」と答えた女性の回答を見る限り1位とは違い、狙っている感じはあまりなさそう。

3位 「ぷくっ娘」(「やらない」と答えた女性122人:61.0%)

ぷくっ娘

こちらは、怒ったときに、ぷくっと頬を膨らませる仕草。同性からすると、これを本当にやっている人を見たら、引くを通り越して笑ってしまいそうだが、「小動物のようでかわいらしく、思わず撫でたくなってしまいます」と男性はキュンキュンしちゃう模様。「やらない」という女性の意見は、「小さい子がするとかわいいかも知れないですが、自分がするのは、ちょっと違うかなと思う」、「ちょっとあざとすぎて、ぶりっ子っぽい」。この気持ち、わかります!逆の意見としては「不機嫌だとわかりやすく示すため。本当に怒ってないときはそうしたほうが本気じゃないことが伝わるので」、「怒っているけど、本気で怒っているわけじゃなくて、なだめてくれれば機嫌直るよって事をアピールするため」と、あくまで今の気持ちを伝えるためにやっている行動のよう。

4位 「みつめっ娘」(「やらない」と答えた女性104人:52.0%)

みつめっ娘

こちらは比較的目にする機会もある気がするが、上目づかいで、じーっと相手を見つめる仕草のこと。上目づかいはさておき、じーっと見つめることができる人は逆にすごいと思ってしまう。男性的には、「狙ってやっているのかな、とは思えどもドキッとしてしまいます(笑)」。やはり男性は単純な生き物なのでしょうか。さてさて、女性の声はというと、「マンガ、ドラマの中だからこそ通用するものだと思う。現実でやったらちょっとイタイ」、「やってみたいと思うのですが、じーっと見つめるタイミングも勇気もいまひとつ無いんです」と、「やらない」派の意見にも少し違いが出ていた。さて、お待ちかねの「やる」派の意見は「ちょっといいなって思う人の気を惹かせるため」、「向こうから告白してほしかったとき」と、男性のツボを押さえた強者。

5位 「むぎゅっ娘」(「やらない」と答えた女性101人:50.5%)

むぎゅっ娘

ラストは、腕を組む時に自分の胸を押し当てる「むぎゅっ娘」。腕を組むまでは、普通に見る光景ですが、胸を押し当てるとは、相当の自信家じゃないと無理なのでは?と思ってしまう。大半の男性は悪い気はしないだろうから「女性らしさがあり、色気を感じます」とデレデレした顔が目に浮かぶ。「イチャつく行動は周りから見たら腹が立つので、自分が見ていて嫌なことは外ではしない」、「そんな事をしても、胸が小さいのでどうもないのです」と言うのは、もちろん「やらない」派の意見。確かに、胸の小さい女性は、やったところで…と思ってしまうのもわかる気がする。一方の積極的な「やる」派は、「わがままやお願いをすると聞いてもらえそうな気がするので」、「男性はそういうのが好きだと思った」と、こちらは明らかに見返りを期待しているようだ。

男性の胸キュン仕草が取りざたされる昨今。じつは、男性が憧れる女性の胸キュン仕草も存在する。もちろんすべての男性に通用するとは限らないが、狙っている相手がいる人は試してみるのもいいも!?意外と好感触でカップルになれる可能性もなくはない。勇気のある女性は一度試してみて!

関連リンク

【ランキング】恋愛マスターに聞く、失恋から立ち直るための効果的な方法BEST3
【ランキング】スピードワゴン・小沢一敬のあま〜いセリフBEST3!義理を本命に変える魔法の言葉♪
【ランキング】ダメ男に騙されないためのチェックすべきポイントBEST3
【ランキング】恋愛ソングの女王がエール!aikoが失恋中の人に贈りたいaiko楽曲BEST3
RECOMMEND

【インタビュー】脇坂英理子 目指せ!“あざとい”ガール 話題の美人女医が教える、モテ女になる方法

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

史上最高に美しい5行とは?本大好き芸人・スピードワゴンの小沢一敬がバレンタインに贈りたい恋愛小説BEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

純愛が法則!?加藤ミリヤがバレンタインに男性に贈りたい恋愛小説BEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

恋愛ソングの歌姫・CHIHIROにネクストブレイクの予感! “涙うた”にハマる女子続出のワケ&彼女の素顔に迫る

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

ザ・チャレンジの沢田チャレンジが喝!!恋愛にチャレンジしている人に贈る名言BEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

純愛の歌詞にジーン!DISH//・TAKUMIが女性に歌ってほしい恋愛ソングBEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

関西弁が好きやねん!超特急1号車・コーイチが女性に歌って欲しい恋愛ソングBEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

同性からの支持率が高いアーティストがズラリ!超特急7号車・タカシが女性に歌ってほしい恋愛ソングBEST3

2014年に「壁ドン」が流行語となり、その後「顎クイ」「肩ズン」「頭ポンポン」など、さまざまな女性に向けた胸キュン仕草が話題を呼んでいる。これらの仕草は、マンガの男性主人公がよくやる理想の仕草であり、現実ではなかなか見られない光景。そこで、セクシャルヘルスケア . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense