• エンタメ
  • シリーズ最終作“アンフェア”の予告編映像&ポスタービジュアル解禁!主題歌を務める三代目JSBからのコメントも到着!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2015.06.27

シリーズ最終作“アンフェア”の予告編映像&ポスタービジュアル解禁!主題歌を務める三代目JSBからのコメントも到着!!

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な支持を受けた。そのシリーズ最終作となる映画『アンフェア the end』の予告編映像と、ポスタービジュアルが解禁された。

『アンフェア』はドラマ放送後、2007年3月に劇場版『アンフェア the movie』、2011年9月には『アンフェアthe answer』と2度の映画化。興行収入23.4億円を超える大ヒットを記録した。劇場版第三弾となる本作はタイトルに“the end”とある通り、10年に及ぶ謎のすべてを明らかにし、『アンフェア』シリーズは遂に終焉を迎える。

予告編は10年間の歴史を振り返る映像から始まり、三浦春馬、西島秀俊、瑛太、江口洋介、大森南朋、山田孝之、香川照之など錚々たるメンバーがフラッシュバックで登場。雪平夏見(篠原涼子)を取り囲む様々な男たちの囁き。「お前殺されるぞ」「何度人に裏切られても、お前は人を信じていた。悲しいくらい優しいな」、本当の愛を知った時——真実が明かされる。雪平が拳銃を向ける“信じていた”相手とは…?「あなたが父を殺したの」と核心に迫るセリフを向ける相手とは?!最期にして最大の謎のすべて明かされる同作。その予告編映像にも期待が高まる。なお、この予告編は7月11日(土)から全国の劇場で流れる。

ポスタービジュアルは、中央で大きく正面に拳銃を向けている雪平の姿が印象的なビジュアル。そしてその雪平を取り囲む様々な男たちの表情にも注目だ。こちらのポスターは7月18日(土)から全国の劇場で掲出される予定。

また、同作の主題歌は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが担当。『アンフェア』シリーズの主題歌を男性アーティストが担当するのは初めてで、さらに三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが映画主題歌を担当するのも初めてとなる。楽曲のタイトルは「Unfair World」(今秋発売予定)で、映画のために書き下ろされた。タイトル通り『アンフェア』シリーズの最期を飾る『アンフェア the end』の世界観にぴったりの楽曲となっている。

メンバーも「長い間多くの方々に愛されてきたこの作品が、今回で最後ということでその締め括りに少しでも華を添えられたらと思っています。主題歌も映画の重要な一部だと思います。スタッフのみな様、ファンのみな様の熱い気持ちを裏切らないよう精一杯努めさせて頂きます」(NAOTO)、「レコーディングでは、楽曲の世界観だけでなく、元々、このアンフェア作品を観ていた自分のイメージや、この曲によって更に映画の物語に深みや情景や心境などが少しでも広げられれば…と思いレコーディングしました!!」(登坂広臣)、「主人公の気持ちを歌うのではなく、主人公をそっと見守る男性の心情を歌わせて頂きました。男性の気持ちを自分なりに理解して歌入れをしました。歌う部分と、喋るように歌う部分を意識しながら歌い、この曲の世界観がより伝わるように心がけました。この曲が映画の世界観を増幅できることを願っています」(今市隆二)と、主題歌を担当する意気込みや、レコーディングの様子を語った。

また、主演の篠原は「切ない歌詞とメロディが今回の『アンフェア the end』の世界観にピッタリで、まるで雪平に向けて歌われているようで、初めて聴いたときに鳥肌が立ちました。いま最も勢いのある三代目J Soul Brothersさんに唄って頂き、タイトルもズバリ「Unfair World」ということで、感激しています。これまで『アンフェア』シリーズは女性アーティストが主題歌を担当してくださっていたので、雪平の心情を唄った楽曲が多かったのですが、今回は、男性から見た“雪平夏見”像が描かれているので、守られているような気持ちになりました。映画を観た後にこの楽曲を聴くと、歌詞の世界観が、より深く味わえると思うので、映画のエンドロールでこの曲が流れるのが今からとても楽しみです。いつかカラオケでも唄ってみたいです(笑)」とコメントしている。

関連リンク

【ニュース】人気アニメ「あの花」実写化で『つるこ』役が原作そっくり!と話題に
【ニュース】マンガ『ちはやふる』の実写映画、広瀬すず主演&次世代を担う若手俳優の出演が続々と決定
【ニュース】岡田将生主演映画『ストレイヤーズ・クロニクル』、ゲス乙女の楽曲入り特別動画が公開!
【ニュース】丸高愛実、映画『新宿スワン』で胸を鷲づかみにされる体当たりの演技で注目度急上昇!
RECOMMEND

【インタビュー】松岡茉優 運命に翻弄されながらも人間味溢れる乙女心に共感! ワクワクしながら挑んだSFアクション映画が完成

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】黒島結菜 運命に抗わずにすべてを受け入れる 自然体で演じることができた少女との共通点とは…

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】森川葵 人気ホラーゲームがついに映画化!物語のカギとなる女子高生役を熱演

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】山本舞香 映画『Zアイランド』で見せた アクション女優への覚醒の瞬間

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】深水元基 歌舞伎町の“狂犬”降臨! 憑依型俳優の役者魂に迫る

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】Saku 映画『ビリギャル』挿入歌に大抜擢 タワレコ店員シンガーの野望とは?

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

【インタビュー】三戸なつめ 眉上バングの人気No.1青文字系モデル 歌に映画に新しい旋風を巻き起こす♪

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

アクション俳優への想いを熱く語る!スキマスイッチ・大橋卓弥がお気に入りのジャッキー・チェン映画BEST3

2006年1月期に連続ドラマとしてスタートした『アンフェア』。日本のドラマでは異例ともいえる徹底したハードボイルド&サスペンス路線で人間や社会の暗部を深く捉え、予測不可能で巧妙なストーリー展開と魅力的で演技巧者なキャストが揃い踏みしたことで、視聴者から圧倒的な . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense