• ミュージック
  • 【ライヴレポ】超特急が3周年記念ライヴで「世界一メンバー人数の多いグループになる」と公約!?歴史を辿るスペシャルナイト!!
CONTENTS
Home
  • ニュース
  • 2015.06.12

【ライヴレポ】超特急が3周年記念ライヴで「世界一メンバー人数の多いグループになる」と公約!?歴史を辿るスペシャルナイト!!

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー曲「TRAIN」が始まると、さらにボリュームUP。センターのユーキを頂点とするVの字のフォーメーションから始まり、横一列に並んでビシッと締めてくれた。続くダンスナンバー「Shake body」の8号車とのコール&レスポンスも完璧に決まり、ボーカル・コーイチの「騒げー!!」のシャウトで、まだ2曲目とは思えないほどの盛り上がりを見せる。この3 年の間に、着実に築いてきたパワーと絆だと改めて感じさせる始まりだった。

恒例の自己紹介の口上とコールを行い、アニバーサリーライヴらしく、デビュー曲から振り返りトークを交えながら進行していく。サイレンからのドラマティックなイントロが響き渡る3rdシングル「POLICEMEN」では、サビの敬礼ジャンプ、腕をクロスさせる×ポーズというキャッチーな振り付けで会場がひとつにまとまった。4thシングル「Bloody Night」で緩急のあるロックダンスを見せつつ、間奏でボーカル2人もフォーメーションに参加。サビでの8号車の「フッフー!!」のリズミカルなコールなど、彼らの曲は、ライヴでこそ完全体となり、最大のパワーと楽しさが味わえる。

「ずっと…ずっと君だけを」(リョウガ)のセリフに悲鳴が起き、畳みかけるようにコーイチの甘い歌声が響き渡る。続く5thシングル「Kiss Me Baby」ではイントロから8号車によるメンバーの名前コールで始まり、ユーキのバック転、コーイチ、タカシが加わったV字フォーメーション、サビ前の投げキッスと、ツボを押さえたパフォーマンスで8号車を驚喜させた。

MCでは、「POLICEMEN」のリハーサルでは、コーイチがタクヤに「お前、8号車やれ」と言われて「キャー!!」とスタジオで声援を送っていたとか、「あのときにカオスなユースケ、“カオスケ”が誕生した」(ユーキ)、「「Bloody Night」のときは、突然マントをつけてカッコつけろと言われた」(リョウガ)「セリフのところ、(リョウガは)引っ込み思案だから“どうしよ!?どうしよ!?”って(足を子鹿のようにプルプル震わせる)」(タクヤ)など、細かい思い出エピソードが続々と出てくる。シングル順ということを強調した上で、ハイテンションなユースケが「エンジョーイ!」と号令を入れ、自らがセンターを務める「ikki!!!!!i!!」 のイントロで8号車の絶叫コールが炸裂。お次は、リョウガの「聴いてください、見てください。いや…シビれてください!」という曲紹介からの「Believe×Believe」 。3人、2人、2人→5人、2人→7人と華麗にフォーメーションを変え、ラスサビではひとりずつフリーで踊る変則的な振り付けや、リョウガがユーキの髪をクシャクシャにするなどの絡みに8号車は大喜び。リョウガが全員を感電させて終了し、ここで再びMCへ。

テンションが上がり過ぎたユースケの「一揆(「ikki!!!!!i!!」 )っていうのは、百姓一揆という物語があって~、1990年だっけ?」とツッコミどころしかない解説にメンバーは呆れつつも大笑い。ここでも“カオスケ”っぷりを発揮していた。

後半戦は「Star Gear」「EBiDAN EBiNAI」「Burn!」と2014年11月にリリースされたトリプルA面を続けて披露。それぞれロボットダンス、キュートな手振りダンス、一緒に踊りやすいキャッチーな振り付けとバリエーションがあり、「みんな一緒に~!!」とパワフルに会場を引っ張って行く。1stアルバム『RING』からは雄々しくワイルドな「Gravitation」を、コブシを突き上げながら全力で踊り、屈んだユースケの背中の上をユーキが背中合わせに渡って着地するなどの見せ場で歓声が沸き起こった。

そしていよいよ、この日発売の新曲「バッタマン」「スターダストLOVE TRAIN」に。「8号車さんがいないと、成立しない感じなんですよ。意味、わかりますか!?」(ユースケ)と曲中の<Terima kashi!(トゥリマカシ!)><Samasama!(サマサマ!)>という、インドネシア語で「ありがとう」「どういたしまして」のコール&レスポンスを練習。ここでも本番でも8号車の反応は完璧であった。振り付けも超特急のダンス史上最もカロリーを消費するであろう燃焼系のダンスで、跳びながらもヘドバンをし、常にちょこまか移動しまくりと、まさにノンストップ。ブレスも少ないためボーカルパートも含め、コミカルなのに超ハードという、非アイドルならではの新兵器が誕生した。一方の小室哲哉氏による「スターダストLOVE TRAIN」は、タクヤ曰く「ツンデレな曲」。ジャングル、ドラムンベースと王道な小室サウンドに合わせて、しなやかにアクセントの効いたダンスを披露した。

衣装チェンジして現れたアンコールでは、「重大発表」として彼らが2015年の目標に掲げていた“国立代々木競技場第一体育館2DAYS”“7月期ドラマ『探偵の探偵』(フジテレビ系)の主題歌”決定!という2大サプライズが。8号車が見守る中、「タクヤ、やったな~!」と7人が喜んで固まる姿が微笑ましい。「俺だけじゃないんだってば!」(タクヤ)と一蹴しつつ、「2015年、初めてみんなで目標を立てて、それが代々木で…」と語るタクヤを中心に、わちゃわちゃと盛り上がる7人。

アンコール1曲目は、ウルトラ超特急としてリリースした「Starlight」。ミディアムに相応しい魅入らせるダンスを見せ、最後は改めて、リーダーのリョウガから「戸惑わず、立ち止まらず、その名の通り超特急で突っ走って行こうと思います!そして(8号車を含めて)世界一メンバー人数の多いグループになろうと思います!」と3周年へのお礼と今後の活動への意気込みが語られた。そして最後は、まさかの「No More Cry」。デビュー曲「TRAIN」のカップリング曲で、8号車からも感嘆の声があがる。力強いステップ、手足の振りの大きなパフォーマンスは、始まりの曲でありながら、次々と実現していく超特急の夢とシンクロする。そんなハッピーな1日に相応しく、ラストは客席にテープが飛んで最高のクライマックスを迎えた。その場にいた誰もが、感慨深くもあり、ワクワク感がさらに高まったのではないだろうか。超特急のアドベンチャーとお祭りは、まだ始まったばかりなのだから。

文/根岸聖子

関連リンク

【会見インタビュー】超特急のDJ KOOが降臨!? ラクダとダンス!?超特急のライヴ終了後に行われた爆笑会見!!
【ニュース】超特急、目標の地・国立代々木競技場第一体育館2DAYS&ドラマ『探偵の探偵』主題歌が決定!!
【インタビュー】メンバーからメンバーへ、メンバーからファンへ…超特急の感動リレーメッセージが到着!!
【ニュース】超特急がジャカルタで現地ファン2000人を魅了!
RECOMMEND

【インタビュー前編】超特急 今が一番“BATTA BATTA” 夢へのレールをCHO TOKKKKKKKYUuuuuuuuuuu!で走行中

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

苦手な暗記をこれで克服!超特急・1号車コーイチがオススメする勉強法BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

やっぱり定番モノがイイ!?超特急・2号車カイが女性に作ってもらいたい手料理BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

家庭の隠し味に興味津々!?超特急・3号車リョウガが女性に作ってもらいたい手料理BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

芸能界で初めて会った芸能人・小栗旬が目標!!超特急・4号車タクヤの好きな役者BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

大好きな海苔を独り占め!?超特急・5号車ユーキがオススメする徳島の食べ物BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

秋田でメンバーをエスコート!超特急・6号車ユースケが夏休みに旅行したい場所BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

80年代の名曲=雨のイメージ!?超特急・7号車のタカシが雨の日に聴きたい音楽BEST3

デビュー3周年を迎えた6月10日に、Zepp Tokyoで記念ライヴを行った超特急。シルエットでメンバーの姿が映し出された時点から、8号車(ファンの 総称)の声援は早くもMAXに。と思いきや、最新シングル「バッタマン」の衣装に身を包んだ7人が姿を現し、デビュー . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense