• エンタメ
  • 【インタビュー】深水元基 歌舞伎町の“狂犬”降臨! 憑依型俳優の役者魂に迫る
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2015.05.28

【インタビュー】深水元基 歌舞伎町の“狂犬”降臨! 憑依型俳優の役者魂に迫る

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの実写化というプレッシャーの中で完成させたキャラクターへの愛着、親しい共演者との撮影現場などを振り返ってもらった。

文/田部井徹

“関、降りて来い!”リンダマン以来の憑依生活

――映画『新宿スワン』、出演が決まった時の心境は?
深水 関玄介役で決まった、と聞いたので、すぐにマンガ喫茶に行って原作を読んだんですけど、“俺が関役!?”っていう感じで正直驚きました。俺にそんな要素あったのかなって。
――原作でも人気のキャラクターですよね。
深水 そのプレッシャーも大きかったです。演じる上では、とにかく原作に忠実に、というのは意識しました。原作マンガを拡大コピーして、部屋の壁にバーッと貼って、“関、降りて来い!”みたいな感じで生活していました(笑)。
――そういう形で準備するというのは今回が初めてのことですか?
深水 原作モノで、この作品はかなり忠実にやらないと、という時はやりますね。前にやったのは映画『クローズZERO』の時でした。SHINJYUKUSAWAN_1
――リンダマンの時。
深水 それ以来ですね。原作ファンを裏切らないようにという想いで。でも、逆にいうと、原作という教科書があるようなものなので、そこに向かってしっかりやっていけば、という風には思っていました。あとは、監督から体を大きくしておいてと言われたので、6キロくらいウエイトを増やしました。そのおかげで堂々と演じられたと思います。
――撮影で印象的なことというと?

深水 初日がボウリング場のシーンだったんですよ。
――敵対するグループとの抗争シーンから!?
深水 “これが初日!?”って思ったんですけど(笑)、でもそれが1日目だったことで、かなり役のイメージが固まって、あとはやりやすくなったというのはありました。
――ボウリング場のアクションシーンは、撮影にかなりの時間がかかったんじゃないかと思うのですが。
深水 丸1日かかったので体がボロボロになりました。戦っている間も、後半は歩くのもやっとという感じで、動けなかったですね。でも、それによって見ごたえのあるシーンになったんじゃないかと思います。
――今回の現場は、綾野剛さんや山田孝之さんなど慣れ親しんだ共演者が多かったと思いますが、現場での雰囲気はいかがでしたか?
深水
 みんなマンガが大好きで、原作の話で盛り上がっていましたね。「続編、もしできるんだったら、どの部分やるんだろうね」とか、「あの役はこの人じゃない?」とか勝手に(笑)。『新宿スワン』の話ばかりしていました。
――関という役の好きだなと思った面は。
深水
 横暴なのに義理堅くて、人情味に溢れていて、信じた者は絶対に裏切らない。普段のむちゃくちゃ加減が好きですけど、彼女には優しかったり…。存在そのものが好きですね。marutaka00
――ちなみに、魅力的だなと思う他の登場人物はいますか?
深水
 秀吉(山田孝之)の野心は好きですね。むちゃくちゃですけど、カッコいい。
――ベースに持っている弱さがあるんだけど、そこを全部ひっくり返して生きていくというような。
深水 それが自分のエネルギーなんですよね、その弱さも含め魅力ですね。
――一方で、女性も魅力的なキャラクターが登場しますが。
深水 やっぱり、山田優さん演じる涼子さんはカッコいいですよね。あんな女性がいたら惚れちゃいます。でも、一方で梨子(丸高愛実)みたいな付いてきてくれる女性も魅力的ですし。アゲハ(沢尻エリカ)ももちろん魅力がありますし。みんな魅力的ですよね(笑)。

園子温監督の現場で味わうライヴ感には中毒性あり!

 

――深水さんはこれまでに園子温監督作品には10作以上出られていますが、園監督の現場の特徴というのはどう捉えていますか?
深水 監督の現場は段取りをやったら、すぐ本番、みたいなライヴ感があって。その独特なマジックに役者もスタッフもかかって、“何やっているんだろう今”、“とりあえず何かやらなきゃ”みたいな中で突き進んで、終わった後ボーっとするような(笑)、何とも言えない充実した感覚があるんですよね。
――現場で生まれるものも多い?
深水 「ここ、自由に後ろで演じていて!」とか(笑)。あんまり考える時間もなかったりして。準備していたものと現場で生まれたものの良い化学反応が起きて、それが園監督の現場だなって感じがします。
――ご出演された園監督作品で印象的なものというと?
深水 やっぱり、一番最初の『HAZARD』とその後の『気球クラブ、その後』ですね。ニューヨークでの撮影で、この中毒性…映画中毒なのか、園さん中毒なのか、俺がやりたかったのこれなんだよ、って思いました。SHINJYUKUSAWAN_2
――それが先ほどおっしゃったライヴ感。
深水 そうですね。現場でもわからないときがあるんですよ。繋がった作品を観て、あれが正解だったんだ、ってなったり(笑)
――今回の『新宿スワン』でいうと、敵対するスカウト会社の社長役の安田顕さんが事務所で…というシーンなんて、繋がったものを観て、より面白さが湧き上がるんじゃないかと。
深水 おもしろいっすね!安田さんと豊原(功補)さんのやり取り、関係性が絶妙でした。
――おそらく台本の段階でおもしろいんでしょうけど、やはり動いて、現場のライヴ感が加わって…という。
深水 ホントにそうなんです。台本を読んで、想像して現場に行くんですけど、全然違うことになったりするんですよ。ト書きは2行ぐらいだから、1カットで終わるだろうと思ったら、半日かかったり(笑)。現場に行ってみないとわからない(笑)。
――では最後に、『新宿スワン』を楽しみにされている方にメッセージを。
深水 あらゆるタイプの魅力的な男女が出てくる作品です。自分の目指す、自分に刺さるキャラクターが絶対にいるんじゃないかなと思いますし、力みなぎるような映画だと思うので、ぜひ、劇場で楽しんでいただきたいです。

©2015「新宿スワン」製作委員会

関連リンク

【ニュース】綾野剛、山田孝之、沢尻エリカら豪華キャストが『新宿スワン』完成披露試写で歌舞伎町に集結!
【ニュース】綾野剛、沢尻エリカらもビックリ!『新宿スワン』の白鳥龍彦が巨大化!?
【ニュース】山田優、新宿の巨大龍彦像前で秘密のガールズトーク!理想の女性像を語る!!
【ニュース】MWAM、UVER、FACTらが参加の綾野剛主演映画『新宿スワン』コンピアルバム発売決定!
RECOMMEND

TGCに綾野剛がシークレットゲストで登場!!『新宿スワン』スタイルで会場を熱狂の渦に包む!

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

綾野剛、MWAMとUVERの『新宿スワン』対バンライヴにサプライズゲストで登場!

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

【ライヴレポ】MWAM×UVER×綾野剛、3組の“熱い才能”がぶつかり合った、一夜限りの奇跡のセッション

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

【インタビュー】安田顕 初北野作品では見るものすべてが勉強だった “ジジイ”たちの背中から学んだ色気

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

【インタビュー】藤竜也 型にはまらない役者としての生き方 変化を楽しむ大人のダンディズムとは──

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

【インタビュー】山本舞香 映画『Zアイランド』で見せた アクション女優への覚醒の瞬間

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

2015年ブレイク間違いなしの俳優・女優を大予想!10代後半〜20代前半の演技派役者が有力候補!?

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

「B-PASS」編集部の“マイ♡フェイバリット”BEST3! 第7回・映画を盛り上げる主題歌編  

園子温監督の最新作『新宿スワン』が5月30日にいよいよ公開!和久井健原作のマンガを実写映画化した本作で、人気キャラクターであるバーストの“狂犬”こと関玄介を演じきった深水元基。与えられた役に忠実にシンクロしていく、憑依型俳優といえる彼の役作り法や、人気マンガの . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense