• ミュージック
  • 【インタビュー】西内まりや 目指すは常にネクストステージ!進化系ミューズの勢いは止まらない
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2015.01.28

【インタビュー】西内まりや 目指すは常にネクストステージ!進化系ミューズの勢いは止まらない

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞に関して「期待を込めていただけたもの」と謙虚に語り、歌手として新たな挑戦をしながら実力でそれに応える年にしたいと、常に向上心を忘れない彼女の素顔に迫ってみた。

文/杉江優花

デビュー当時は自分色を見つけられずに焦っていたことも

昨夏リリースしたデビューシングル「LOVE EVOLUTION」では、アッパーなロックナンバーで驚きの歌唱力を披露されたわけですが……2ndシングル「7 WONDERS」ではデジタリックなロックサウンドの中でR&Bな歌声を聴かせてくれていて。またまた、驚かされました。

西内 確かに、「LOVE EVOLUTION」と「7 WONDERS」では聴いてくださる方の印象はだいぶ違いますよね。私にとっては演技と一緒で、その曲その曲によって歌のカラーも自然と変わるというか。ファッション性を重視した前作とはまた違って音楽性を重視した今回の表題曲は、言ってくださったようにデジタリックなロックサウンドに私のR&B寄りの歌が乗っているんですけど、そういうのってあまりないじゃないですか。なので、歌っていてもすごく新鮮だったりします。

表題曲にしろ「Don’t let me down」にしろ、歌詞では恋愛における運命や奇跡が描かれていますよね。共感したり感情移入したりも?

西内 どちらも共感する部分はすごくありますね。恋愛においてこの人!って思える人と出会えるってすごい奇跡だし、そういう人といると知らず知らずのうちに笑顔になれたりするじゃないですか。「7 WONDERS」の“心の弦(つる)”をちゃんとお互いが引っ張り合っていないと愛を鳴らせないっていう表現とか、本当にその通りだなって。恋をするすべての人に、気持ちを重ねて聴いてもらえるんじゃないかなと思います。「7 WONDERS」は音域も広くて壮大なスケールの楽曲なので、テクニック的な面ではハードルは高いんですけど。

ビブラートやフェイク、ファルセットなど細かい表現力が必要とされますもんね。英詞のボリュームもありますし。

西内 最初は歌詞をメロディラインに乗せるのに必死でした(苦笑)。でも、最近は気持ちよく歌えるようになってきて。少しずつ、自分の体に染みついてきたのかなっていう実感はあります。英詞に関してはとりあえず発音だけは完璧にマスターしたくて、AからZまでの発音を細かく習いました。もともと、アーティストさんのマネをして歌ったりとかもしていたしので、耳で聴いてそれを覚えるっていうのは得意かもです。

前回のインタビューではいろいろな楽器に取り組んでいるというお話をされていましたけど、何でも飲み込みが早いんでしょうね。

西内 とりあえず、一度体に馴染んでしまえば頭で考えずに感覚で歌っているし、歌ってなんて自由で楽しいんだ!って思ったりします。デビューしたときは、まだ自分色を見つけていなかったから実はすごく焦っていたんですけど。

髪を切って気持ちも新たにいろいろ吸収していく年にしたい!

そうだったんですか。でも、既に誰っぽくもない、まりやさんらしさを感じます。レコード大賞で受賞した最優秀新人賞も、そういうまりやさんを評価するものではないかなと。

西内 いえいえ、あの賞はたくさんの方の支えがあった上で、期待を込めていただけたものだと思うので。ここからは自分の実力でその期待に応えていかないといけないなと。この数か月でなんとなく自分の声質やクセがわかるようになってきたんですけど、まだまだこれから自分らしさを磨いていきたいなって思います。

舞い上がることなく、向上心を途切れさせないまりやさんですが……たまには息抜きもしていますか?

西内 年始の3日と4日は、久々にとことん何も考えずに過ごしました。そうしたら10分が2時間くらいに感じて、なぜか熱まで出ちゃいました。

知恵熱の逆みたいな⁉(笑)

西内 そう、ヒマ熱みたいな(笑)。びっくりしました。でも、ずっと走ってきて、一度そこでリセットできたので。気持ちも新たに、またいろいろと欲張って吸収していきたいですね。

バッサリと髪を切ったらよく似合っているし、そうした凛とした決意もより伝わってくるような気もします。

西内 10代のころはモデルのお仕事がほとんどで、カワイイ感じでお洋服を着こなすことが多かったから髪もロングにしていたんですけど、映画の仕事で思い切ってバッサリいってみたら……すごく自分らしいなと思っていて。歌には自分の性格や想いもすべて出るし、2015年はさらに進化していく年になるんじゃないかなと思います。最近は、作詞・作曲にも挑戦しています!

前回のインタビューで口にしていた願望、もう実現させようとしているんですか!?

西内 はい。“人の心を動かせる歌手になりたい”っていうことは実は中学生のときから思っていたことで。最近、思いついたメロディを録音して、そこから広げてピアノの弾き語りしながらAメロやイントロをつけるっていうことを始めたら……それがまた、楽しくて。いつか、発表できたらいいなと思っています。

まりやさんは、本当に歌や音楽が好きなんですね。『どぅんつくぱ~音楽の時間~』に引き続いて『音楽の時間~MUSIC HOUR~』でも案内役を務めるわけですが、まさに適任だなと思います。

西内 モデルやドラマとかで私を知ってくださっている方にとっては意外かもしれないですけど、本当に音楽が大好きなんですよ。なので、たくさんのミュージシャンの方にお会いできて、なおかつMCとしていろんなお話をさせていただけるっていうのはとてもありがたいことで。知りたいこと、聞いてみたいことをどんどんぶつけていろいろ学ばせていただきたいし、音楽好きの方たちにも楽しんでいただける番組にできたらいいなと。あと、昨年は自分の誕生日(12月24日)にファンイベントを行なったんですけど、ライヴの演出とか構成を考えるのもめちゃめちゃ楽しくて。今年は曲をどんどん増やして、ライヴもたくさんしたいですね。本当の西内まりやがいるのはステージなので、ぜひ一度会いに来てください!

関連リンク

公式サイト
公式ブログ
公式Twitter
RECOMMEND

【インタビュー】西内まりや 注目度NO.1のヒロイン、歌手デビュー 夢だった世界から始まる新物語

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

西内まりやが大好きでハマっている楽器BEST3

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

西内まりやが最近よく身に着けているお気に入りのアクセサリーBEST3

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

【インタビュー】加藤ミリヤ 私を救った音楽で伝えたい 世界中の少年少女に幸あれ

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

【ライヴレポ】UVERworld VS 男1万2千人、380日目の約束に熱狂!横アリが揺れた

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

【インタビュー】DISH// 一歩一歩が大事な足跡 固い絆で結ばれた未来への決意

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

【インタビュー】防弾少年団 ついに実力派グループが本格始動!! ここからが大きな夢への第一歩

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

【インタビュー】SCANDAL “ガールズバンド日本代表”の王手作! 世界に響け!4人だけの音

2014年の『第56回 輝く!日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞した西内まりやが、2015年最初に届けるのはデジタルロックサウンドに乗せた運命の恋。子供の頃からの夢だった歌手となり「やっと気持ちよく歌えるようになってきた」と着実に成長を遂げている彼女。受賞 . . . 続きを読む

CONTENTS

あなたへオススメの記事

注目記事

アクセスランキング

AdSense