• ミュージック
  • 【インタビュー】UVERworld 6人体制が見出したのはバンドの原点 楽しさから生まれた音楽が告げる新世界
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2014.07.02

【インタビュー】UVERworld 6人体制が見出したのはバンドの原点 楽しさから生まれた音楽が告げる新世界

0_ll.jpg

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworldだけにしかクリエイトできないヴァイブでみなぎっている。彼らのライヴでしか体感できない“熱さ、潔さ、楽しさ”が封じ込められているのだ。誠果(Sax&Mani.)が正式メンバーとなり、6人編成に戻った彼らは今、ミュージシャン、アーティストとしてさらに大きく進化した。もはやひとつのジャンルを作り上げた感のある待望の新作についてインタビューした。

文/杉江由紀

「メンバーみんなでしっかりと音を楽しみながら作ることが出来た」

――今作『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)は、UVERworldが誠果さんを含めた6人体制になって以降、初めてリリースされる記念すべきアルバムです。例えば、制作現場の空気感に関していうと、前作のレコーディング時とどこか違う点などはあったのでしょうか?

TAKUYA∞ 自分たちの今を精一杯表現して行こうという意味での姿勢は、これまでと変わらなかったです。ただ、もっと音楽を楽しみたいという気持ちはいつも以上に強かったかもしれないですね。まぁ、産みの苦しみなんていう言葉もあるとはいえ、今の俺たちからすれば「音楽って、そんなに苦しみながらやるもんちゃうよな」というのが本音なんです。このアルバムでは、メンバーみんなでしっかりと音を楽しみながら作ることが出来ました。

真太郎 あと、今回の場合だと去年の末くらいには既に「7日目の決意」(先行シングル曲)も出来ていたし、わりと早い段階からアルバムに向けての核となる部分が出来ていたので、安心感があった分そこからは思いっきり攻めていくことが出来た、というのも良かった点だったような気がします。

克哉 どの曲に対しても、その時その時のリアルな感情をいかに音でそのまま表現するかということに関して、今回はこれまで以上にこだわりました。

――いずれにしても、作品に対するヴィジョンがそれだけ明確だったということですね。

信人 といっても、最初からアルバムの全体像まで見えていたわけではないんです。まずはとにかく、曲単位の完成度を高めていくことに専念していましたから。でも、出て来る曲たちのバランスもえぇ感じやったし、レコーディングが進んで行くにつれ、これは絶対カッコいいアルバムになるやろうなという確信はありました。

――前作まではサポートメンバーとして、そして今作からは再び正式メンバーとしてアルバム制作に臨んだ誠果さんの中では、どんな変化があったのでしょう?

2_ll

誠果 今までもずーっと一緒にやって来ていますし、別にここに来て正式メンバーに復帰したからといって、自分では特に何かが変わるようなつもりはなかったんですよ。ところが、ふと気が付いてみるとみんなでスタジオに入っている時の雰囲気が、以前よりも明るくなったような感覚があったので、それはなんだか不思議だなと思いました(笑)。

TAKUYA∞ スタジオの空気がどうこうという以前に、俺なんて日々スタジオに向かう足取り自体までメッチャ軽くなっていましたもん(笑)。そういう何気ないところこそ、きっと凄く大事なんですよ。

――そうしたメンタリティの変化は、アルバムの冒頭でSE「零 HERE」に引き続いて始まる「IMPACT」を始めとして、各曲の中で聴ける高揚感たっぷりのサウンドの中に色濃く反映されているようですね。

TAKUYA∞ このアルバムに入っている曲たちは、大体どれもライヴの時にもっとこんなタイプの曲があったら面白いやろうなとか、ライヴのこういう場面で今度はあんな景色も見てみたい、というようなことを思いながら作ったものが多いんです。その中でも、この「IMPACT」はアグレッシヴなライヴ感を持ち味にしながら、UVERworldの持っているバンドとしての力をより強く発揮出来るような曲にしよう、という気持ちで作りました。これは、詞の内容もライヴに集まってくれるオーディエンスのことをイメージして書いていますね。

3_ll

――彰さん、音作りの面ではどんな点にこだわられましたか。

 この曲に限らず、僕らはいつもデモの段階でまずメチャクチャ音を作り込むんですよ。その分、本番の時には敢えて音作りとかはせずに、ギターもアンプは通さないでラインから直接の音を録ったりすることが多いんです。この曲に関しても、デモの雰囲気をなるべく重視して作っていきました。

――どおりで、音のひとつひとつが研ぎ澄まされているわけです。ちなみに、音はもちろんのこと、言葉の面も含めて尖っているという点においては、3曲目の「誰が言った」も相当な尖り具合ですよね?メジャーというオーバーグラウンドで、ここまで潔く言い切るものか…と感心させられました。

信人 あぁ、なるほど(笑)。確かにこれ、はっきり言ってるし、そこがほんまカッコいいい曲ですよね。

「音楽に対しては、いつまでも出来るだけ純粋でいたい。その気持ちがいっぱいに詰まっている」

――作曲クレジットは、UVERworld名義になっています。具体的には、どのような成り立ちを経て完成したのかも教えてください。

信人 札幌のスタジオで曲作り合宿をしていたときに、みんなで軽く酒を呑みながら「じゃあ、次はどんな曲を作ろうか」っていう話をしたことがあったんですよ。そのときに、TAKUYA∞から「喜怒哀楽の感情や、伝えたいメッセージと連動した曲が欲しい」という提案が出て、そこからお互いに音や言葉を出し合いながら作っていった感じでしたね。

――生々しいアコギの音にしろ、この曲はギターアンサンブルも絶妙です。

 アタマのアレですか?そう、良いんですよねぇ。録った瞬間、自分でもこれはえぇなと自己満足しました(笑)。

克哉 あれこれ自分の頭の中にある引き出しを開けつつ、これはジャズだとか、けっこういろいろな音楽の要素を取り入れながら取り組んでいった曲でしたね。

4_ll

――曲中、サックスがエモーショナルにからんでくるあたりも実に乙です。

誠果 あれは、純粋に曲から受けたインスピレーションを自分なりにサックスの音で表現したものですね。

――リズムの性急さもこの曲の特徴ですが、真太郎さんはどんなことに留意しながらプレイをされましたか。

真太郎 これ、アルバムの中で一番テンポが速い曲なんですよ。速いし、展開も多いし、竿(ギターやベース)とのキメも多いので、正直ちょっと難しくて大変でした。その分、かなりの叩き甲斐はありましたね(笑)。なるべく、歌のリズムの良さを損なわないようなドラムを叩くように心掛けていました。

――歌といえば、この曲については<そしてあれを言ったのは誰だ?『一人減らしてデビューさせろ』>というフレーズが衝撃的で、本当に驚きました。いわゆるスタッフサイドから、よくこれでOKが出ましたね。

TAKUYA∞ 問題ないですよ。だって、当時これを言うた本人はアルバムが出るまで、この詞のことは知らないはずですもん。仮にソイツが聴いたところで、別に傷付いたりもしないんちゃいますかねぇ。ちょっと、ドキッとするくらいやと思います(笑)。

――ならば、ここでさらにもうひとつ。この曲はずっとシニカルで辛辣な描写が続いたかと思うと、最後にやたらとファンタジックな展開が待っています。このシュールな終わり方は、一体何なのですか?

TAKUYA∞ あぁ、あのワルツの部分ですか。そこに関しては、アルバムを聴いた後に是非ライヴを観て欲しいんですよね。照明の演出から何から、曲を作った時点で俺の中では全て見えていたんですよ。あのワルツで、この曲が最終的にどう終わるのか。ライヴで観てもらったら、その答えは分かると思います。

5_ll

――わかりました。かくして、今作にはほかにも上質なメロディがキラリと光る「在るべき形」、アフリカンなテイストを交えた革新的サウンドとメッセージ性の強い歌詞が交錯する「ENOUGH-1」、さりげない日常の光景がノンフィクション的に綴られている「KICKが自由」、さらにはUnderworldのカバーとなる「Born Slippy」や、既発のシングル曲たちまで、数多くの魅力的な楽曲が収録されております。このアルバムは6人体制になった新生UVERworldにとって、素晴らしき第一歩となったのではないですか。

TAKUYA∞ うん、そうですね。「KICKが自由」にしたって、あれ実はめっちゃ深い意味の詰まった曲ですし。このアルバムを作り出したとき、今回は自分たちの周り半径20メーター範囲内くらいにある普遍的なことをしっかりちゃんと描き切らへんかったら、俺はその次には絶対行けないなと思ったんですよ。その意味では、今回のアルバムはやり切ったなという手応えがあります。

――サウンド的にはロックの領域をゆうに超えた幅広さを持ちつつも、スピリッツ的には極めてロックなアルバムですものね。

TAKUYA∞ まぁ、もっと万人向けな表現を使うという方法もあるにはあったんだと思いますよ。でもだからといって、誤解を恐れるがあまり口当たりの良いものを皆に提示するということは、俺には出来ませんでした。

――その頑ななまでの真摯さこそが、UVERworldの核にある強さを裏打ちしているのでしょうね。そのことは、アルバムの最後に収録されている感動的なタイトルチューン「Ø CHOIR」を聴いていても、ひしひしと感じましたよ。

TAKUYA∞ この曲もまさにそうなんやけど、UVERworldの音楽は今回のアルバムから、やっと本当の意味で楽曲と歌詞がより近しいものになったな、と思うんですよ。このアルバムから、また新しいUVERworldが始まっていくんやなっていうことを、自分たち自身で今とても強く感じているんです。

――前作が『THE ONE』で今作が『Ø CHOIR』なのは、そのためだったのですね。

TAKUYA∞ でも、それだけじゃないんです。曲の方の「Ø CHOIR』には、合唱が入っているでしょ?合唱→聖歌→誠果が入って初めてのアルバムっていう、そんな笑えるダブルミーニングでもあるっていうね。

――誠果さん、素晴らしい逸話ですねぇ。

6_ll

誠果 いやー、とっても嬉しいです(笑)。

克哉 この曲は、演奏していても凄く素敵な気分になれる曲なんですよ。

 レコーディング中の楽しかった思い出が、たくさん甦って来る曲ですね。

信人 今回のレコーディングは、終わってみて本当に心の底から喜びを感じることが出来るレコーディングでした。

真太郎 そういう良いアルバムだからこそ、この曲たちをライヴでお客さんたちが一緒に歌ってくれている姿を早く見たいんですよ。

TAKUYA∞ 最初にも言ったとおり、このアルバムは何よりもこの6人で作っていて凄く楽しかったアルバムなんですよね。難しいことなんて、要らないんですよ。音楽に対しては、いつまでも出来るだけ純粋でいたい。今のその気持ちが、このアルバムにはいっぱいに詰まっているんです。

関連リンク

公式サイト
ソニーミュージック公式サイト
ツアー特設サイト
RECOMMEND
0_ll.jpg

【ライヴレポ】UVERworld、6人編成となり初ライヴ 「嬉し泣きが出来るくらい幸せ。仲間と夢を大事にな」

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworl . . . 続きを読む

0_ll.jpg

【ライヴレポ】UVERworld、ツアー初日に叩きつけたライヴバンドの本能 7月2日ニューアルバム発売を宣言

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworl . . . 続きを読む

0_ll.jpg

【インタビュー】桜田通 ストーカー役で新たな一面を開花 僕にくれた最高の出会い

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworl . . . 続きを読む

0_ll.jpg

UVERworld、新曲は夢で見た景色をそのままパッケージ 「この奇跡はミュージシャン冥利に尽きる」

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworl . . . 続きを読む

0_ll.jpg

桜田通が好きなUVERworldの楽曲BEST3

通算8枚目となるオリジナルアルバム『Ø CHOIR』(ゼロ クワイア)を、ついに7月2日にリリースしたUVERworld。これまでのアルバム同様に、「自分たちの今を精一杯表現して行こう」という姿勢、精神は、本作でもものの見事に楽曲に注ぎ込まれ、UVERworl . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense