• エンタメ
  • 【インタビュー】岡山天音 「僕がいることで中島くんから何かを引き出せたらいいな」 “ぼくごは”で異彩を放つ影のキーパーソン
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2017.01.06

【インタビュー】岡山天音 「僕がいることで中島くんから何かを引き出せたらいいな」 “ぼくごは”で異彩を放つ影のキーパーソン

20170106okayama-amane

ドラマ『家族狩り』(TBS系)では、家庭内暴力を起こす不登校の男子生徒の怪演ぶりが注目となり、その後もチンピラ役や嫌味な店員など、幅広い役柄を好演し、観る者を惹きつけてやまない岡山天音。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』では、主人公・亮太(中島裕翔)の頼れる友人・塚原を演じ、登場回数は少ないながらもここでも確かな存在感を放っている。そんな岡山に、今作で初共演となった中島との現場でのエピソードや、役づくりについてを直撃!また、岡山といえばどんな役でも変幻自在に演じるカメレオンぶりが度々話題に。そこで、彼なりの役者論にも迫ってみた。

文/根岸聖子

【岡山天音 サイン入りチェキ プレゼント企画開催】
6日〜7日に掲載されるインタビュー&ランキング記事に2つのキーワードが出ています。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、プレゼント企画記事をチェック!

「追いかけたくなるような魅力のある人」 初共演となる中島裕翔とのエピソードを語る!

——映画『僕らのごはんは明日で待ってる』で演じた塚原優介という役柄は、中島裕翔さん演じる主人公、葉山亮太の頼れる友人というポジションですが、この大事なキャラクターについて、どのように捉えていましたか?
岡山 普通に周りにいるような大学生に比べて、実は、とても大人なんじゃないかと思いました。傷つきながら生きてきたからこそ、人の痛みも敏感に感じ取れるんじゃないかなと。そこを意識しながらお芝居していました。僕自身は、周りの人たちに精神的に甘えている部分があるので、どちらかと言えば、中島くんが演じた亮太寄りな気がします。優しい友人に恵まれているので、いろいろ気を遣ったり、空気を読んだりっていうことは、自然に休んじゃっていますね(笑)。
——監督からのアドバイスは、どのような感じでしたか?
岡山 衣装合わせのときに、少し話したくらいで、あとは割と自由にやらせていただきました。撮影中、自分ではあまり気にしていなかったのですが、芝居が始まる前に台詞をブツブツ言ったりしていたのを、監督はちゃんと見ていたようです。最終日に、「練習とかしないで、ノープランでやってみてほしい」と言われたんです。不安かもしれないけど、その場の空気を感じ取った上で、自然に出てきたものでやってほしいと。
——それは、どのシーンですか?
岡山 居酒屋で、亮太たちと飲み会をやっているシーンです。そういうやり方を意識して芝居ができたのは、おもしろかったですね。現場で、カットごとに間やトーンは変わっていったりするし、それをお互いに受けながら芝居ができたので。
——中島さんとのシーンが多いですが、現場でのふたりは、どんな感じだったんですか?
岡山 中島くんは最初から、とてもフラットな感じだったので、普段、友だちと一緒にいるような会話ができました。現場で初めて会う日は、親しい友人の役だし、“どうやって距離を詰めたらいいんだろう!?”って、いろいろ考えちゃっていたのですが、初めから自然に会話ができる空気にしてくれてとてもありがたかったです。
——役者としての、中島さんの印象は?
岡山 中島くんはすごく個性的な方だと思いました。今回の役の間柄的に僕が追いかける感じなのですが、中島くん自身も、追いかけたくなるような、魅力のある人だなって。僕にできることがあるならしてあげたくなる。塚原と同じ気持ちになりました。

「カッコ良さで人を惹きつけるときは悩む」 幅広い役を演じきるカメレオン俳優の役者論に迫る!

——チンピラ役など、悪めの役柄を演じることも多いですが、今回は真逆のとてもいい人です。両極端なキャラクターを演じることに対して、どんな風に感じていますか?
岡山 僕はダメなヤツを演じることのほうが多くて、今回の塚原みたいな、現実にいたら友だちになりたいようないい人の役って、あまりないんです。いろいろな役を演じるにあたって、どうアプローチしたらいいのかというのは毎回考えますが、役の幅が広い方が楽しいです。飽きっぽい性格なので(笑)。観てくれる人が、どうしたら愛してくれるのか、憎んでくれるのか、客観視するようにはしています。
——アプローチのしやすさで言えば、どちら側がやりやすいというのは?
岡山 カッコ良く見えなきゃいけない瞬間があると、“どうしよう!?”ってなったりします。カッコ良さで、観ている人を惹きつけなければいけないときのほうが悩むんです。ダメさが愛おしいとかだったら、やりようがあるんですけど。実際、僕もダメなので(笑)。
——作品によって、メインになるときと、主役を脇で支える場合と両方ありますが、それぞれで向き合い方はどう違いますか?
岡山 これは僕の理想なのですが、例えば、今回の作品なんかだと、僕がいることで中島くんから何かを引き出せたらいいなというのはあります。そういう感覚は、脇のキャラクターを演じるときいつもありますね。なぜ自分の役があるのか、どういう効果を主役の人に与えていけばいいのか。ずっと出ている主役と違って、描かれていない部分を想像して補うというのもあります。そういう準備をひとりで黙々としている時間は、メインの時より長いかもしれないですね。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1つ目→「友人に

関連リンク

【トレンド分析】ポスト・濱田岳との呼び声が高い俳優・岡山天音の変幻自在っぷりがすごい!映画“ぼくごは”で放つ存在感!!
【トレンド分析】ブレイク街道爆進中!山﨑賢人の人気のヒミツは“自然体王子”なキャラ!
【ランキング】菅田、山﨑、福士らが繰り出す絶対に押さえておくべき胸キュン映画シーンBEST10
【ニュース】池松壮亮×菅田将暉W主演映画『セトウツミ』7月公開決定!
RECOMMEND
noimage

菅田将暉、山﨑賢人ら若手俳優が台頭!2016年、もっとも活躍した俳優・女優はこの13人!!

ドラマ『家族狩り』(TBS系)では、家庭内暴力を起こす不登校の男子生徒の怪演ぶりが注目となり、その後もチンピラ役や嫌味な店員など、幅広い役柄を好演し、観る者を惹きつけてやまない岡山天音。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』では、主人公・亮太(中島裕翔)の頼れる . . . 続きを読む

jissha

小栗旬、佐藤健、山﨑賢人ら世代別に変化!マンガ実写化作品の御用達俳優に求められる違いと共通点とは?

ドラマ『家族狩り』(TBS系)では、家庭内暴力を起こす不登校の男子生徒の怪演ぶりが注目となり、その後もチンピラ役や嫌味な店員など、幅広い役柄を好演し、観る者を惹きつけてやまない岡山天音。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』では、主人公・亮太(中島裕翔)の頼れる . . . 続きを読む

noimage

山﨑賢人、福士蒼汰、窪田正孝、菅田将暉ら人気俳優を輩出!“NHK朝ドラ”がブレイクへの登竜門!!

ドラマ『家族狩り』(TBS系)では、家庭内暴力を起こす不登校の男子生徒の怪演ぶりが注目となり、その後もチンピラ役や嫌味な店員など、幅広い役柄を好演し、観る者を惹きつけてやまない岡山天音。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』では、主人公・亮太(中島裕翔)の頼れる . . . 続きを読む

ouji

嵐・松本潤、山﨑賢人、玉木宏…胸キュン必至のドS王子キャラランキングBEST10

ドラマ『家族狩り』(TBS系)では、家庭内暴力を起こす不登校の男子生徒の怪演ぶりが注目となり、その後もチンピラ役や嫌味な店員など、幅広い役柄を好演し、観る者を惹きつけてやまない岡山天音。映画『僕らのごはんは明日で待ってる』では、主人公・亮太(中島裕翔)の頼れる . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense