• エンタメ
  • 【インタビュー】菜々緒 「悪女のほうが刺激的で燃える」チャイニーズマフィアの“美脚ヒットガール”が出来るまで
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.12.22

【インタビュー】菜々緒 「悪女のほうが刺激的で燃える」チャイニーズマフィアの“美脚ヒットガール”が出来るまで

20161222_01_banner_NANAO

生田斗真演じる菊川玲二が主人公の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日から全国公開!今回は香港を舞台に、チャイニーズマフィア・仙骨龍と対決します。玲二が壮絶なバトルを繰り広げる仙骨龍の麗しき“美脚ヒットガール”胡鉢(フーフォン)を体当たりで演じた菜々緒。自らを「完璧主義」という真面目な彼女は、必死に頑張ったという華麗なアクションや北京語を本作で披露しています。そんな“悪女キャラ”として幅広い層から支持され、ブレイク中の2016年は、女優として新しいチャレンジができた1年だったそう。作品のことはもちろん、共演した生田や三池崇史監督についても語ってもらいました!

文/金子裕子

【菜々緒 サイン入りチェキプレゼント】
本インタビュー記事と、12月24日掲載されるランキング記事にキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、記事下のプレゼント企画ページをチェック!

足を引っ張らないように必死だった!?三池監督の独特なアクションシーン撮影

20161222_moguranouta_nanao3

──生身のアクション演出で定評のある三池崇史監督の人気シリーズ第2弾『土竜の唄 香港狂騒曲』で、チャイニーズマフィアの麗しき“美脚ヒットガール”胡蜂(フーフォン)を演じた菜々緒さん。生田斗真さん演じる主人公の潜入捜査官・菊川玲二とのバトルシーンは、華麗にして大迫力。見惚れました。
菜々緒 そう言っていただくと、演じた甲斐があります。実は、前作を観た時から「私だったら、どんな風にやるかな?」と考えていて、“第2弾があるなら、出たい”と思っていたんです。まさか、本当にお声をかけていただくなんて、びっくりで、夢が叶いました。
──長い足を有効活用した回し蹴りなどのアクションも迫力ですが、露出の多いチャイナドレスなど、ファッションもユニークでいかにも女スナイパーの貫禄がありましたね。
菜々緒 お話をいただいた時に、まず衣装とかヘアメイクをどうしようというのが頭に浮かんできて、チャイナドレスの色やデザイン、髪の色やメイクは濃い目にとか……、アイディアをどんどん出して1からキャラクターを作り上げていて、出来上がったのがこの胡蜂ですね。
──これまでドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)や映画『グラスホッパー』などでアクションを披露されてきましたが、本作ではよりハードにエスカレート。振りの練習などは?
菜々緒 私は、アクション担当の方に振り付けを決めていただいて、それを忠実に覚えて動くタイプですが、今回はそれがなかったんです。三池監督の場合、アクションも自分で考えられるのでフリーというか。監督が「こういう風にしたい」というのが当日に決まるので、練習時間はほぼないんです。その場で考えて、その場でやる、みたいな(笑)。相手役の生田さんは、三池監督と何回もお仕事をしていらっしゃるからそういうのに慣れているんですけど、私はそんな経験がなかったので“足を引っ張らないように”と必死でした(笑)。
──狭い室内でのバトルなど、その必死さが出てよりリアルに見えた感じがします。
菜々緒 あのシーンは、狭いし、暑いし…大変でした。大体、ピンヒールで回し蹴りは無理なので、(撮影のときは)軸足の方にフラットシューズを履いて、回す方の映る足だけヒールを履いてやったり。キックボクシングの経験があるからか、わりと体幹がいいみたいで、ハイキックとか回し蹴りはちょっと練習すると形になるみたいです。あとは、照明さんとかカメラマンさんのお力を借りて、画面にカッコよく映るようにしていただいています。

『ONE PICE』や『サザエさん』、アニメに縁があった2016年

20161222_moguranouta_nanao1

──なかでも今作で一番難しかった部分は?
菜々緒 北京語は頑張りました。話すフレーズだけではなく、イントネーションを完璧にマスターして言わなければいけないと思ったので。アクション映画ではありますが、やるからには完璧にやりたいと思うタイプなんですよね。現場でも、耳で覚えるしかないので、みなさんと話さずにひとりでイヤホンをしてずっと北京語の練習をしていました。それでも、本番で動きながら北京語でセリフを言うと、どうしても体と頭がバラバラになって、うまく言えなくて。とにかく、大変でした。
──アクションシーンでは長いムチを華麗に使っていましたね。
菜々緒 あれも、結構大変でした。その道の先生にいろいろと教えていただいたのですが、あの「ピシッ」という音は、ムチの先端が空気を裂く破裂音なんです。それを知ったら、振り回すのがますます怖くなって。“自分に当たったらどうしよう…”って思うとヘッピリ腰になってしまうし。ムチは、ちゃんとした姿勢で振らないと音は出ないという、理にかなった道具ですから。でも、本番前の2時間くらいの練習で、なんとか奇跡的に音を鳴らせたので、良かったです。
──悪女役、しかもとんでもなく凶暴で強い悪女を演じたらピカイチと好評で、女性人気も上昇中。悪女役の魅力とはなんでしょうか?
菜々緒 私としては、いい人より悪女のほうが刺激的で(演じていると)燃えるというか(笑)。とはいえ悪女をやらせていただいている中、「いい人の役も見たい」というお声もいただいて、真逆の役をドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系)で演じさせていただいた時は、楽しかったですけど。悪女を演じる時に、キャラクターの背景を考える時間が楽しいんです。例えば、『サイレーン』の殺人鬼だったら、彼女は幼少期に辛い経験をして、ある人と出会って変わって、正義のために人を殺すという想いに惹かれてしまったとか。自分が全く経験のない、思いもよらない人生ですから。悪役は、どんどん自分の想像力で作り上げていけるところが魅力的。そういう可能性を感じると、悪役ってめちゃくちゃ楽しいなって、思っちゃうんですよ。
──本作で、またひとり新しい悪女を生み出した2016年でしたが、どんな1年でしたか?
菜々緒 ドラマ『怪盗 山猫』を皮切りに、初めて月9『好きな人がいること』(フジテレビ系)にも出させていただき、映画では『土竜の唄 香港狂騒曲』があって、2017年公開の映画『銀魂』も撮影が終了。アニメ映画『ONE PICE FILM GOLE』や『サザエさん』(フジテレビ系)に声の出演もしました。そう振り返るとアニメやマンガに縁のある年だったかもしれません。とにかく、たくさんの新しい事にチャレンジさせていただいた年なので、この勢いを2017年もキープして頑張りたいですね。まずは、ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)で初めて弁護士役にも挑戦しますから。楽しみです。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1つ目→「香港」

関連リンク

【インタビュー】仲里依紗 アクション満載の『土竜の唄 香港狂騒曲』では芝居担当!“ザ・一途な女子”のピュアな想いに感動♡
【ニュース】生田斗真&本田翼、『第1回マカオ国際映画祭』のレッドカーペットに登場!『土竜の唄 香港狂騒曲』キャスト陣からコメント到着!!
【インタビュー】向井理×木村文乃×佐藤二朗 無謀な映画化はドラマ『神の舌を持つ男』以上の破天荒な作品に!撮影現場は堤監督のムチャブリ天国だった!?
【インタビュー】山田裕貴 『闇金ドッグス』シリーズ4作目は“表現しない”という芝居に挑戦!役と自分が平行に生きたパラレルワールドとは?
RECOMMEND
20161130_banner_Hayama

【インタビュー】葉山奨之 「役者以外の仕事は考えられない!」 小栗ら先輩俳優が開拓した道をしっかり受け継ぎたい

生田斗真演じる菊川玲二が主人公の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日から全国公開!今回は香港を舞台に、チャイニーズマフィア・仙骨龍と対決します。玲二が壮絶なバトルを繰り広げる仙骨龍の麗しき“美脚ヒットガール”胡鉢(フーフォン)を体当たりで演じた菜々緒。自 . . . 続きを読む

20161124_01_banner_SatoOkura

【インタビュー】佐藤寛太×大倉士門 「俺といた方が絶対に幸せだと思ったら奪いにいく」 “イタキス”になぞらえ、自身の恋愛観を告白

生田斗真演じる菊川玲二が主人公の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日から全国公開!今回は香港を舞台に、チャイニーズマフィア・仙骨龍と対決します。玲二が壮絶なバトルを繰り広げる仙骨龍の麗しき“美脚ヒットガール”胡鉢(フーフォン)を体当たりで演じた菜々緒。自 . . . 続きを読む

20161117_01_banner_Nakamura

【インタビュー】中村蒼 “こんなにも下手なのか!”と自分の歌声を聴いてびっくり!? いろいろな才能がないと務まらないアイドルってすごい!!

生田斗真演じる菊川玲二が主人公の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日から全国公開!今回は香港を舞台に、チャイニーズマフィア・仙骨龍と対決します。玲二が壮絶なバトルを繰り広げる仙骨龍の麗しき“美脚ヒットガール”胡鉢(フーフォン)を体当たりで演じた菜々緒。自 . . . 続きを読む

20161210_SHINJYUKUSWAN2

綾野剛VS浅野忠信の壮絶なバトルシーンに注目!映画『新宿スワンⅡ』新ポスタービジュアル&テレビスポット公開

生田斗真演じる菊川玲二が主人公の映画『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日から全国公開!今回は香港を舞台に、チャイニーズマフィア・仙骨龍と対決します。玲二が壮絶なバトルを繰り広げる仙骨龍の麗しき“美脚ヒットガール”胡鉢(フーフォン)を体当たりで演じた菜々緒。自 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense