• ミュージック
  • 【インタビュー】flumpool バンドイメージを投げ捨てた 守るべき大切なものへの想い!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2016.01.27

【インタビュー】flumpool バンドイメージを投げ捨てた 守るべき大切なものへの想い!

20160125_01_banner_flumpool

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。幼馴染みの彼らならではの絶妙なやりとりで笑いを起こしながら、楽曲に触れるとガラリとモードを変えてくるその振り幅がバンドの多様な音楽性にも通じているのでは、と改めて感じられた。まずは、タイトル曲が映画&テレビ主題歌となっている『亜人』との出会いから!

【 flumpool プレゼント企画開催】
このインタビュー記事と、1月30日、31日、2月10日、11日に掲載されるランキング記事の中にキーワードが出てきます。その5つの文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してください!!詳しい応募方法は、2月11日掲載予定のプレゼント企画記事をチェック♪

文/杉江優花

断ろうかと悩んだ!?flumpoolのイメージを振り切った渾身作!

――flumpoolのみなさん、もともと『亜人』のファンだったということですが、偶然にも主題歌を担当することになったわけですか。
山村 そうなんです。(尼川)元気と(小倉)誠司はマンガからのファンで、僕と(阪井)一生はその影響でハマりまして。アニメ&マンガオタクの元気は、もうめちゃめちゃ嬉しかったみたいで、ただ監督に会いたいがために打ち合わせに参加したりしていました。
阪井 完全にミーハー(笑)。
山村 アニメ制作の現場を見せてもらったときも、だいぶ昂ぶっていたもんね。
――曲作りや作詞においては、決して死なないという亜人の“死ぬことができない”からこその苦悩や葛藤、その存在を利用とする人間の欲が描かれた特異な世界観をどう表現しようと?
山村 そう、不死身だから正義として何かと闘うみたいなヒーロー物語ではなくて、不死身ゆえに生体実験しようとする人間に追われたり、友達だと思っていた人間に裏切られたりするっていう、過酷な運命を背負わされた者のストーリーですからね。
阪井 曲を作るにあたって、そういう『亜人』という作品から引き出された部分はすごくあって。というか、『亜人』という作品がなければ、こういう曲は絶対できていないです。
――flumpoolのパブリックイメージの真逆をいくような、重厚でエッジなサウンドにしても驚かされます。
阪井 ですよね。打ち合わせの時点で、イントロのギターのリフとかサイレンのイメージが浮かんだんですけど……これまでにない曲にしないとアニメの制作サイドも納得しないだろうし、僕ら自身も納得できなかったので。ドロップDっていう音がヘビィになるチューニングにしたのも僕らとしては新しいチャレンジだし、サウンドにしろ隆太の歌い方にしろ、flumpoolとは思われないものを作ろう、っていう。
――確かに、辛辣な言葉も見られる翳を帯びた歌詞にしても振り切っていますね。
山村 flumpoolの“優等生感”ではこの主人公は表現しきれないと思って、『亜人』に振り切って書きました。そのくらい、『亜人』は強烈な作品ですからね。実を言うと……監督と最初に打ち合わせをした後、“断ったほうがいいんじゃないか”っていう思いも、一瞬自分たちの頭をよぎったりはしたんですよ。中途半端なことになってしまったら、『亜人』のファンからも、flumpoolファンからも批判されてしまうことになるわけだし。でも、死ねないっていうことを裏返してみると、死ぬっていうのはひとつの救いでもあるという考え方もあるっていうことに気づいて。だったら、主人公の救いの歌を書こうと。
――だから、“眠りたい”という言葉なわけですね。
山村 そう。眠りっていう安息、平穏を、彼はきっと求めているはずだから。と同時に、今ってすごく何かに追われているわけではないけど、SNSとかでいろんな人と簡単にコミュニケーションできる分、例えばすぐに批判の的になってしまったり炎上してしまったりもするっていう息苦しさとか、逃げ場のない感じっていうのは社会全体にあるじゃないですか。そういう中では、誰からも好かれるような、誰も敵に回さないような無難なことを言っていた方が安全だし、自分らしさとか意見を貫くっていうのは簡単なことじゃない。でも、そうじゃないよなっていう。思っていても怖くてなかなか口に出せないような言葉とか想いをflumpoolはこれまで言ってこなかったけど、希薄な愛情とか友情とか、捨てるところは捨てていいんじゃないかなと。

陰の部分に踏み込みすぎた!?ギター・阪井の裏の顔を暴露!

――<クソみたいな 愛情 友情 押し付けんじゃねぇよ>というフレーズ、中でも衝撃ですけど……そう聞くと納得です。
山村 だからこそ、この人だけは守りたい、っていうたったひとつの想いの強さが届くだろうし。ま、書いた自分自身、最初はここまでの表現をしていいのかなって思ったんですけど……。
――でも、そういう裏、陰の部分にまで踏み込んでいるからこそのリアルがあります。
阪井 うんうん。ま、本当の(山村)隆太はこんな感じですからね!
山村 いや、“クソ”なんて言葉知らなかったけど?(笑)。そういう阪井さんも、今回は作曲とギターで裏の顔を見せてきましたからね!
阪井 裏はドSなので。
――自分で乗っかっちゃいます!?
山村 こんなゆるキャラみたいな顔してね、中身は全然ゆるくない、むしろエグいからな(笑)。
阪井 でもさ、ミュージシャンなんてだいたい変態じゃん。
山村 突然どうした!?(笑)。ま、言いたいことはわかるけど。っていうか、一生はコワいところあるよな。ほら、陰口とか。
阪井 陰口と違うって、その人の特徴を捉えたことを言うだけだって。
山村 本人には?
阪井 言わないけど(笑)。
山村 真面目な話をするときだけ、元気が鼻をすするとかな。
阪井 それは別に言ってもいいでしょ!
山村 あと、スタッフの鼻のすすり方がブサイクだとかさ。
阪井 それは確かに言ったわ(笑)。
山村 って……何の話でしたっけ(笑)。
――とりあえず、おふたりがすごく仲が良いことはわかりました(笑)。それから、現実と非現実が交錯するような「夜は眠れるかい?」のMUSIC VIDEOも、鮮烈な印象で。映像表現でも、良い意味でイメージを覆すなと。
山村 そうだと思います。『亜人』の世界観を反映させつつ、天国と地獄、夢と現実を行き来するような映像にできたと思います。
阪井 めっちゃ深夜までかかったし、工場の中がだいぶ埃っぽかったし、いろいろ大変だったけど。
山村 いやぁ、“眠れるかい?”って言っている自分たちが全然眠れなかったね!(隣の阪井をチラ見)
阪井 ……今の、オチです(笑)。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら】
1文字目→「新」

 

関連リンク

【ライヴレポ】ポルノ、Perfume、flumpool らアミューズ所属の豪華アーティスト競演に2万人が熱狂
【ニュース】NE-YO、コブクロ、flumpool、May.Jが『Rock Corps』のライヴイベントで夢の共演
【インタビュー】THE ORAL CIGARETTES ライヴ休止を経て確固たるバンドに!未来への新たな決意を胸に歩み出す
【トレンド分析】SMAP・中居正広もハマる、back numberの楽曲が心の“本音”に響くその魅力!
RECOMMEND
20150826_02_banner_UVER

【インタビュー】UVERworld バンド結成15周年&デビュー10周年を全力で駆ける! 悩めていることも幸せと思える愛すべき世界!!

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

20160113_02_banner_SID

【インタビュー】シド 聴き手を“夢心地”へと誘う!インディーズから現在までの軌跡

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

0_ll

【ライヴレポ】ゲスの極み乙女。の即完ツアーがファイナル!「初めてゲスの極み乙女。っていう“バンド”になれた」

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

201505_banner_KEYTALK

【インタビュー】KEYTALK 強烈な4人の個性がぶつかり合う バンド史上“MOTTO”も “HOT”なアルバムをお届け!

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

AL7K6976web

【ライヴレポ】キュウソネコカミ、噂のバンドが見せた 気分爽快、体当りの汗だく爆発ライヴ

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

20151111_banner_thinkingdogs

【インタビュー】Thinking Dogs 疾走感ある楽曲に乗せて届ける恋の歌!4人が抱える切ない男ゴコロ

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

20150805_03_banner_wacci

【インタビュー】wacci 一生懸命なサテライト系バンドが届ける!笑って、泣いて…気持ちに寄り添うポジティブソング!!

一聴すると“えっ、flumpoolの曲!?”と驚きを隠せない、ニューシングル「夜は眠れるかい?」を2月10日にリリースするflumpool。サイト初登場となる今回はバンドを代表して、作詞を務めるボーカル・山村隆太と作曲を務めるギター・阪井一生に話を聞きました。 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense