• ミュージック
  • 【インタビュー】INFINITE 大人へと成長を遂げた7人が“あなたのために” 無限大に輝く魅力を届けます!
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2015.12.29

【インタビュー】INFINITE 大人へと成長を遂げた7人が“あなたのために” 無限大に輝く魅力を届けます!

20151225_banner_INFINITE

約2年半ぶりに日本でのリリースとなったアルバム『For You』を16日に発売したINFINITE。今年4月にリリースしたシングル「24時間」をはじめ、日本オリジナル曲として河村隆一が提供した「Love of My Life」など、切ない叙情的な楽曲が多く収録されている。前作アルバム『恋に落ちるとき』から、メンバーひとりひとりが様々な経験を経て大人になり、楽曲の表現力が豊かになったと話す。そんな彼らにアルバムのお気に入り楽曲をそれぞれ紹介してもらうなど、魅力について語ってもらった。インタビュー中もワイワイと仲の良い姿を見せた彼らから目が離せない! 

文/坂本ゆかり

【INFINITEサイン入りチェキ プレゼント!】
本インタビュー記事と、30日〜1月5日に掲載予定のメンバーそれぞれにインタビューを行なったランキング記事の下に8つのキーワードが出てきます。その文字を繋げるとある言葉が出現しますので、それを導き出してプレゼントに応募してください。詳しい応募方法は、1月5日にサイトに掲載されるプレゼント企画記事をチェック☆

6年越しのハッピーエンドはいつ?このアルバムの結末は…!?

――2年半ぶりのアルバムのタイトルは『For You』ですが、どんな意味が込められているのでしょう。
ソンギュ 文字通り、“あなたのために”って意味です。日本でアルバムを出すのはすごく久しぶり。2年半ぶりじゃないですか。このアルバムは、ファンのみなさんのため、インスピリット(ファンの名称)のためだけを思って作ったアルバムです。
――4月にリリースしたシングル「24時間」と、カップリングの「Just Another Lonely Night」、そしてこのアルバムのために作られた「Can’t Get Over You」まで、プロデューサーの松尾潔さんの曲が3部作として、アルバムで完結しましたね。
ウヒョン 松尾さんは、すごい人だって改めて感じました。3作通して起承転結のある曲をどうやって作ったんだろうって、ただただ感嘆しかないですよ。メロディが甘くて叙情的で、一度聴いたら忘れられないじゃないですか。それに、歌詞の内容もまた、誰もが共感できるし。なんだか気持ちが吸い寄せられるような、優しく包み込まれるような、老若男女に響く曲。もちろん、僕たちも大好きです!
――でも、相変わらずINFINITEの曲の主人公はハッピーエンドを迎えられないんですね。
一同 あはははは(笑)。そうですね。
ウヒョン それがINFINITEならではの必殺技、ノウハウじゃないですか。そういう駆け引きが、僕たちの音楽の聴きどころのひとつだと思います。
――布袋寅泰さんの「Dilemma」からはじまり、そして松尾潔さんの3部作ときて、アルバムには河村隆一(LUNA SEA)さんの書き下ろし曲「Love of My Life」という日本オリジナル曲が収録されています。河村さんが提供された楽曲にはどんな印象を持ちましたか。
ドンウ 『ウィンター・パーティ“For You”』というリリースイベントを12月17日にZepp Diver city東京で行いました。そのときに、この曲を初めてファンのみなさんの前で歌ったんですけど、ライヴで歌ってみて郷愁というか、懐かしさを感じる曲だと思いました。ソンギュくんの最初のパートが、いろんなものが押し寄せてくるような感じがしてゾクゾクします。ソンギュ兄、最高!
ソンギュ あ、ありがとう(笑)。
ドンウ すごく感情が伝わる曲です。

美メロが詰まったアルバム完成!思わず曲を聴いて涙するメンバーも!?

 ――アルバムには11曲が収録されていますが、それぞれ、好きな曲を教えてください。
エル 僕は、アルバムのリード曲「Can’t Get Over You」。とても叙情的な印象の曲で、大好きです。
ウヒョン 僕も、「Can’t Get Over You」。車の中でもよく聴いているんですけど、歌詞の内容が僕の心に響くんですよね。僕は歌を聴くときに、歌詞をすごく大事にしています。
ホヤ 僕も。子どもの頃から、こういうタイプの曲が好きなんですよね。僕好みの感性と鋭い感性が共存しているステキな曲だと思います。
ソンヨル 僕も同じ!この曲、大好き!メロディもいいし、ダンスともよく合っているし、完璧な曲ですよね。
――この曲のダンスのポイントを教えていただけますか?
ホヤ ちょっとしたポイントがあるんですよ。リフレインの部分で、足をひきずって、寂しい人のように歩くんです。これは、足の動きで孤独な人を表現しているんです。ずるずると引っ張る感じ。“足ずるずるダンス”とでも呼びましょうか。(といいながら実演)
ソンヨル “足じりじりダンス”の方がよくない?
ホヤ 家に帰りたくないから、こうやってゆっくり、ずるずる歩くんです。家に帰っても、誰もいないからね(苦笑)!
ソンジョン 僕も「Can’t Get Over You」が好きです。この曲を聴いて泣いちゃいました。
ウヒョン えっ、本当に?見たことないぞ。
ソンヨル 泣いてなかったじゃん。
ソンジョン うるさいよ!だ~か~ら~、ひとりのときに泣いたの!みんなの前では泣いていないよ。イヤホンで聴いていたら、涙が出てきたんだよね。松尾さんに本当に感謝したいです。凍り付いていた僕の感情が溶けてほぐれて、溢れだした感じがしました。
ドンウ あははー、ソンジョンに怒られた(笑)。僕は、「Between me&you」も好きだし、「Love of My Life」も好きだし……。
ウヒョン 『ラブオン・ハイスクール』?
ソンヨル それ、僕たちが出たドラマだよ(笑)。
ドンウ 僕は「Love of My Life」にします!90年代の感じというか、韓国特有のロックバラードの雰囲気がある曲です。最初は静かに始まるけど、リフレインでバイオリンとかいろいろな楽器が入ってきて、僕にいろいろなものを訴えかけてくれる曲です。
ソンギュ 僕も「Love of My Life」だな。ドンウも言っていたように、子どもの頃によく聴いていたロックバラードの感じがする。『ウィンター・パーティ“For You”』のステージで初めて歌ったんですけど、濃密な感動を感じました。
――ソンヨルさん、アルバムの聴きどころを教えてください。
ソンヨル あーーーー!僕の質問じゃないと思って、今、油断していました。えっと、時間が経つのを忘れて聴き入ってしまうアルバムだと思います。聴きどころはやはり、美しいメロディと歌詞じゃないかな。

INFINITE“第3章”突入!経験を重ねて豊かになった感情表現

――前作アルバム『恋に落ちるとき』は、ハツラツとした若さが感じられるアルバムでしたが、『For You』ではすごく大人っぽい感じになりましたね。
ソンジョン あれから2年半。僕たちも年を重ねて、みんないろいろな経験をしてきたと思います。やっぱり感情表現っていうのは、経験から生み出されるものだから、昔に比べると上手くなっているんだと思います。感情を上手く伝えられるようになったことが、大人っぽいという感覚につながっているのかもしれませんね。
――このアルバムにも収録されている「Last Romeo ~君がいればいい~」をリリースした2014年の夏が、日韓でのINFINITE第2章の始まりでしたよね。今はどんな時期だといえますか。
ホヤ 「第3章」じゃないかな。さっきソンジョンが言ったように、「悲しい」という感情の理解が上手くできるようになったというか……。みんな心が“ブルー”になるという気持ちがどういうものなのか、もっと深く知るようになって、もっと深い感情が伝えられるようになったと思います。
ソンヨル (日本語で)もっともっと!感情表現が成熟です!
一同 その通り!(拍手)
――では最後にINFINITEとは、「無限大」という意味ですが、INFINITEの無限大の魅力とは?
ドンウ エルくん、答えて!
エル 体力?いやいや(笑)。7人それぞれが、異なる魅力を持っているというのが、僕たちの無限大の魅力だと思います。歌手ということ以外にもいろいろな能力を持っているので、それが無限大の魅力につながっているんじゃないかな。

【読者プレゼント企画のキーワードはこちら!】
1文字目→「

関連リンク

【ライヴレポ】INFINITEが約1年ぶりに単独ツアーを開催!ブランクを感じさせないパフォーマンスで1万人を魅了!!
【ニュース】防弾少年団、INFINITEがモデルに挑戦したファッションブック発売
【インタビュー】INFINITE Fからコメントが到着!!「僕たちの“サイン”が届いたらうれしい」
【トレンド分析】EXOのヒットの裏にコリオグラファーあり!? K-POPの魅力を“振付師”から徹底解剖
RECOMMEND
20150923_01_banner_GOT7

【インタビュー】GOT7 疲れた体と心をハッピーにさせる! キャッチーなノリノリダンスと7人の笑顔!!

約2年半ぶりに日本でのリリースとなったアルバム『For You』を16日に発売したINFINITE。今年4月にリリースしたシングル「24時間」をはじめ、日本オリジナル曲として河村隆一が提供した「Love of My Life」など、切ない叙情的な楽曲が多く収録 . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

【連載】“ボイメン”しりとり〜“ん”まで続くよどこまでも〜

LIKE BOX

AdSense