• エンタメ
  • 『LINE MUSIC』のCMで話題の美少女・桜井日奈子を直撃!〆切ギリギリに滑り込んだ“岡山の奇跡”誕生秘話に迫る
CONTENTS
Home
  • スペシャル
  • 2015.07.17

『LINE MUSIC』のCMで話題の美少女・桜井日奈子を直撃!〆切ギリギリに滑り込んだ“岡山の奇跡”誕生秘話に迫る

sakuraihinako

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?

1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スターが発掘される時代。5月末からwebで配信されている『LINE MUSIC』のCM出演をキッカケに、“岡山の奇跡”と注目を集めた桜井日奈子もそのひとり。拡散するスピードに情報が追いつかないとは、これか!?と、今こそ本人についての詳細を伝えるべく、話を聞いてきた。

まず、彼女が現在の事務所(インセント)に所属するキッカケになったのが、2014年度『岡山美少女・美人コンテスト』への応募であり、そこで美少女グランプリに輝いたから。というわけで、その経緯から探ってみよう。

「『岡山美少女・美人コンテスト』の副賞の中に、東京ディズニーランドに行けるというものがあったんです。所属していたバスケ部の友だちから、“これに出てディズニーランドのチケットもらってきてよ!”ってふざけて言われたのが最初でした。そのときは、“無理だよ~”って笑い話で終わったのですが、一方で、“もし、本当にとれたらびっくりするかな!?”という気持ちもありました。そのコンテストの締め切り日の夜に、たまたまTwitterで記事を見て、ちょっと心がザワッとしたんですね。あと2時間で締め切りっていうときに、勢いでエントリーしました。写真は次の日でも間に合ったので、何枚か自撮りをして、お母さんに選んでもらってメールしたんです」

写真での一次審査に通過し、二次審査への準備としてのウォーキングレッスンに参加。たくさんの人に圧倒されて周囲をキョロキョロしつつ「もう、辞めたい…」と意気消沈したとか。

「本番前、ウォーキングとポージングのイメージを頭に描いていたのですが、ステージに出たとたん、頭が真っ白になってしまい、その場しのぎな感じで何とか歩きました。その後に自己アピールタイムがあって、そこでは歌とダンスを披露する人が多かったですね。でも、私はどちらも得意ではないので、自己紹介だけで持ち時間の30秒を使おうと思っていたんです。でも、30秒は結構長いなと思い、お母さんに電話して急遽、バスケットボールを持って来てもらい、ドリブルをしました。ヒールとドレスっていう衣装だったんですけど(笑)」

そして結果は、オーディエンス賞、そしてグランプリの2冠という快挙を成し遂げた。このコンテストに関わったCroCom代表の平松靖英氏は、「彼女はイベント当日までにダイエットをして体重を落としてきていたこともあり、審査員は満場一致でした。魅力は目。幼くもかわいくも、大人っぽくも、色っぽくもなれる、あの吸い込まれるような瞳です」と語る。

「信じられなくて、コメントを求められても“う、うれしいです…!”しか言えませんでした。会場に来ていたお母さんも驚いていて、“お母さん、グランプリだったよ!”って駆け寄っても、ポカーンとしていて言葉も出ない感じでしたね(笑)。ネットで結果がツイートされていたので、バスケ部の友だちも祝福してくれました」

■バスケで鍛えたど根性魂を発揮!?ドラマや映画などにも意欲的!!

sakuraihinako2それまでは学校の勉強と部活(バスケ)だけをやっていた、ごく普通の地方の女子高生だった桜井。雑誌などの撮影を経験するうちに、将来の仕事として意識をするように。

「最初はガチガチで、カメラマンさんに教えてもらいながら、なんとか撮影してもらっていたんです。自分では全力で笑っているつもりなのに、頭の中のイメージと写っている自分との間にギャップがあって。でも、5回目くらいから、会話や撮影を楽しめるようになってきました。プロの方たちの仕事を通してメイクやヘアアレンジも覚えて、女子力を上げたいですね(笑)。いずれは、ドラマや映画で活躍できる女優さんになりたいです」

ちなみに、『LINE MUSIC』のCMから“岡山の奇跡”と話題になっていることは、アンテナ感度の高い友人からの情報で知ったそう。

「それを聞いたときは、とにかく恥ずかしかったです。でも、こうして取り上げていただけるのは、本当にありがたいなって。いろんな表情を指導してもらいながらのCM撮影だったので、そこから“もっと演技について勉強したい”と思うようになったんです。難しい反面、とてもおもしろかったので」

たくさんのスタッフが長い時間、ひとつの作品を作るために一致団結している空気にも感激。一方で、もっとできるようになりたいと、負けず嫌いな性格にも火がついた。

「できないと悔しいし、妥協したり、諦めたりするのがイヤなんです。今の自分にできそうにないからこそチャレンジしたいし、途中で負けるのもイヤ。そういう粘り強さは、小さい頃からやってきたバスケで培われたんだと思っています」

バスケに注いできた情熱を、今後はモデルや女優としての表現に注いでいきたいと語る。素材の良さと、その内に秘めた根性と粘りで一体どんな成長を遂げていくのか、じっくり見守っていきたい。

文/根岸聖子

関連リンク

【ランキング】あの名作が自身のバイブルに!桜井日奈子の好きなマンガBEST3
【ランキング】桜井日奈子がオススメする地元名物BEST3!
【ヒット分析】2015年ブレイク間違いなしの俳優・女優を大予想!10代後半〜20代前半の演技派役者が有力候補!?
【インタビュー】山本舞香 映画『Zアイランド』で見せた アクション女優への覚醒の瞬間
RECOMMEND
noimage画像

福士、窪田、西内…夏ドラマは若手俳優が大活躍の予感!テレビライターが注目する推し作品とは!?

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

201506_banner_matduokamayu

【インタビュー】松岡茉優 運命に翻弄されながらも人間味溢れる乙女心に共感! ワクワクしながら挑んだSFアクション映画が完成

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

20150708_01_banner_KAWAGUCHIHARUNA

【インタビュー】川口春奈 探偵の探偵を調査中!? アクションもできる女優になりたい

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

201506_banner_kuroshimayuna

【インタビュー】黒島結菜 運命に抗わずにすべてを受け入れる 自然体で演じることができた少女との共通点とは…

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

sakurakotop

【インタビュー】大原櫻子 ティーン女子の注目度NO.1ヒロイン、ソロ始動! 感謝の気持ちを歌声に乗せて。

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

main

アミューズ新人が異例の早さで朝ドラレギュラー出演!波瑠、宮崎あおいを支える重要な役に大抜擢!!

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

0_ll.jpg

4月期ドラマに2本出演!女優・有村架純のブレイクのヒミツは強い目ヂカラと露出戦略

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

iitoyomarie_1

人気アニメ「あの花」実写化で『つるこ』役が原作そっくり!と話題に

■コンテスト応募は〆切前夜に思い立った!審査員を満場一致にさせたパーツとは?1枚の写真から、“1000人にひとり”“天使すぎる”というキャッチーな枕詞を伴ってメジャーシーンに躍り出た橋本環奈など、今や必ずしもテレビではなく、ネットを通じて新たなアイドル、スター . . . 続きを読む

CONTENTS

HEAD BANNER

注目記事

あなたへオススメの記事

アクセスランキング

LIKE BOX

AdSense